• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 活動レポート
  • ご案内
  • サントミューゼの活動について

作家紹介

山本 鼎 自分が直感感じたものが尊い そこから種々の仕事が生まれてくるものでなければならない

1882(明治15)年、愛知県岡崎市に生まれた山本鼎は、5歳で母とともに上京。10代のほとんどを木版工房での仕事に過ごした。年季奉公が明けると東京美術学校へ入学し、黒田清輝らに洋画を学ぶ一方、1904(明治37)年夏、現代の版画芸術の嚆矢となった木版画《漁夫》を発表。一躍、創作版画家として注目を集めるようになった。30歳になる1912(明治45)年、鼎はフランス留学に旅立ち、パリを中心に見聞を広める中で秀作を生み出す。油彩《自画像》や木版画《モスクワ》のほか、ブルターニュ地方の女性に取材した木版画《ブルトンヌ》は、鼎の創作版画の代表作として名高い。
帰国後の鼎は、作家としてよりもむしろ教育運動家として精力的に活動を行った。子どもたちにお手本帳の絵から学ぶのではなく、直に自然を見て感じるところを表現することを推奨した。模写ではなく創造性を重視するこの運動は「児童自由画教育運動」と呼ばれ大正自由教育の一大潮流となった。一方、農閑期の副業として農民が手仕事で生み出した工芸品を「農民美術」と名付けて、全国で講習会を行いその生産を奨励した。
周囲から作家活動を嘱望されていた彼が、後半生を美術教育運動に費やしたのは、海外で見た子どもたちの創造性豊かな絵、そして、名もなき農民たちが生み出した美しい工芸品に接して、芸術家として日本の子どもたちや農民たちとともに「創造することの喜び」を広く分かち合いたいとの思いを強くしたからに違いない。「自分が直接感じたものが尊い」と彼は述べているが、作家としても運動家としても、この思いは常に一貫していた。山本鼎は「信念に生きた芸術家」なのだ。

年譜

1882年
愛知県岡崎市に生まれる。
1892年
東京・浜松町の木版工房で修業に励む。
1898年
父が上田に診療所開業。第二の故郷となる。
1904年
東京美術学校在学中に版画の代表作《漁夫》を発表。
1907年
石井柏亭らと創作版画雑誌『方寸』発行。
1912年
フランス留学に旅立つ。
1916年
帰国の途中、モスクワで農村工芸展示館と児童の絵画展覧会を見て感銘を受ける。
1918年
日本創作版画協会設立。会長就任。
1919年
児童自由画教育運動、農民美術運動を開始。
1921年
東京・自由学園の美術科主任に就任。
1922年
足立源一郎、梅原龍三郎、小杉放菴らと春陽会設立。
1923年
日本農民美術研究所設立。
1935年
帝展参与となる。
1936年
新文展洋画部審査員。
1946年
上田市で死去。享年63歳。

作品紹介

作品をクリックすると詳細を表示します。

《蚊帳》

《蚊帳》
1905(明治38)年 油彩・カンヴァス
68.0×105.5cm 上田市立美術館

《ナース》

《ナース》
1906(明治39)年 油彩・板
32.8×23.8cm 上田市立美術館

《自画像》

《自画像》
1915(大正4)年 油彩・カンヴァス
80.0×58.7cm 上田市立美術館

《平田知夫領事肖像》

《平田知夫領事肖像》
1916(大正5)年 油彩・カンヴァス
91.0×72.7cm 上田市立美術館

《トマト》

《トマト》
1918(大正7)年 油彩・板
23.5×32.8cm 上田市立美術館

《独鈷山麓秋意》

《独鈷山麓秋意》
1926(昭和元)年 油彩・カンヴァス
38.0×45.5cm 上田市立美術館

《瀬戸内》

《瀬戸内》
1935(昭和10)年 油彩・カンヴァス
65.3×80.0cm 上田市立美術館

『試刷林 第参号』<

『試刷林 第参号』
1894(明治27)年 木版・紙(冊子)
23.5×15.5cm 上田市立美術館

《漁夫》(後刷り)

《漁夫》(後刷り)
1988(昭和63)年 木版・紙
16.0×10.7cm 上田市立美術館

『方寸』第1巻第1号~第5巻第3号

『方寸』第1巻第1号~第5巻第3号
1907-1911(明治40-44)年 紙(冊子)
上田市立美術館

《デッキの一隅》

《デッキの一隅》
1912(大正元)年 木版・紙
17.7×17.0cm 上田市立美術館

《モスクワ》

《モスクワ》
1916(大正5)年 木版・紙
34.7×42.6cm 上田市立美術館

《ブルターニュの小湾》

《ブルターニュの小湾》
1913(大正2)年 木版・紙
14.0×21.3cm 上田市立美術館

《ブルトンヌ》

《ブルトンヌ》
1920(大正9)年 木版・紙
36.9×28.4cm 上田市立美術館

《雨やどり 婦人の引力》

《雨やどり 婦人の引力》
1907(明治40)年 淡彩・墨・和紙
16.0×24.0cm 上田市立美術館

《日曜の遊び(下図)》

《日曜の遊び(下図)》
1914(大正3)年 水彩・紙
(左)21.3×15.2cm / (右)22.9×13.2cm
上田市立美術館

『農民美術建業之趣意書』

『農民美術建業之趣意書』
1919(大正8)年 紙(冊子)
9.2×13.2cm 上田市立美術館

《農民美術デザイン画(水鳥の平木鉢)》

《農民美術デザイン画(水鳥の平木鉢)》
1923(大正12)年頃 水彩・鉛筆・紙
38.0×57.2㎝ 上田市立美術館

『児童自由画展覧会趣意書』

『児童自由画展覧会趣意書』
1919(大正8)年 紙(冊子)
14.0×9.4cm 上田市立美術館

第1回児童自由画展覧会入選作品

第1回児童自由画展覧会入選作品
1919(大正8)年 クレヨン・紙
23.7×23.5cm 上田市立美術館

×

《蚊帳》
1905(明治38)年 油彩・カンヴァス 68.0×105.5cm 上田市立美術館

東京美術学校在学中の作品。モデルは山本鼎の母・たけの妹・ヒサ。蚊帳という存在感を表現しにくい対象を選び、差し込むほのかな光を的確な空間把握とともに描き、美術学校での勉強の成果が発揮されている。

×

《ナース》
1906(明治39)年 油彩・板 32.8×23.8cm 上田市立美術館

画面左から差し込む光に人物の表情が浮かび上がる。背景や人物の構図は、東京美術学校で師事した黒田清輝作《祈祷》を思わせる。モデルは実家の山本医院の看護師か。この年の4月、鼎は美術学校を首席で卒業した。

×

《自画像》
1915(大正4)年 油彩・カンヴァス 80.0×58.7cm 上田市立美術館

滞仏作。留学中はセザンヌ、ルノワール等、印象派の画家たちの作品を実見し、その描画法をつぶさに観察している。立体の把握のため「面による構成」「筆触」「色調」がポイントであると述べたが、その実作のひとつ。

×

《平田知夫領事肖像》
1916(大正5)年 油彩・カンヴァス 91.0×72.7cm 上田市立美術館

ロシア革命前夜の在ロシア・モスクワ大使館総領事。鼎は欧州からの帰途、モスクワで4か月ほどを平田のもとで過ごした。その折に描いたもの。36歳の若き眼差しは外交官として奉職する誇りを感じさせる。

×

《トマト》
1918(大正7)年 油彩・板 23.5×32.8cm 上田市立美術館

第5回日本美術院展出品作。皿の上に置かれたトマトの瑞々しい肌合いが、勢いのあるタッチで描かれている。鼎は自己の実感を「実相(=リアール)」と呼んで制作上の指針としたが、その姿勢はこうした小品にも表れている。

×

《独鈷山麓秋意》
1926(昭和元)年 油彩・カンヴァス 38.0×45.5cm 上田市立美術館

独鈷山(とっこさん)は、別所温泉を擁する塩田平の南に聳え立つ象徴的な山並みである。秋の午後、西日に照らされた水田のはぜ掛けの稲や、背後の山々が明暗の深い対比を見せている。

×

《瀬戸内》
1935(昭和10)年 油彩・カンヴァス 65.3×80.0cm 上田市立美術館

波の穏やかな瀬戸内海を、帆船が陽光に照らされながらゆっくりと進む。遠くの島影や海原の光の反射が空気の質感を感じさせ画面に奥行きを与えている。東京美術学校時代や留学期の作品とも異なる円熟味の増した作品。

×

『試刷林 第参号』
1894(明治27)年 木版・紙(冊子) 23.5×15.5cm 上田市立美術館

鼎は少年時代、東京・浜松町の木版工房で彫版職人として修行に励んだ。その折の試し刷りをスクラップ帳にしたもの。解剖図や肖像写真、商品や企業ロゴなどを手掛けたようで、その技術は創作版画に生かされた。

×

《漁夫》(後刷り)
1988(昭和63)年 木版・紙 16.0×10.7cm 上田市立美術館

「自画」「自刻」「自摺」を要件とする創作版画の記念碑的作品。うねるような刀跡が港を見つめる漁師の半纏や背後の景色に独特の効果を与えている。10年に及ぶ彫版職人としての技術に裏打ちされた鼎の美意識が垣間見える。

×

『方寸』第1巻第1号~第5巻第3号
1907-1911(明治40-44)年 紙(冊子) 上田市立美術館

『方寸』は、1907年5月、山本鼎・石井柏亭・森田恒友の3人が創刊。創作版画と美術評論の発表の場となった同人誌で、版芸術の普及に大きな役割を果たした。後に、倉田白羊、小杉放菴、織田一磨など多くの作家が加わった。

×

《デッキの一隅》
1912(大正元)年 木版・紙 17.7×17.0cm 上田市立美術館

本作は欧州留学の渡航の船中でのスケッチを元にしたもの。降り注ぐ陽光を刀跡によって可視化する鼎流の見立てが独創的である。甲板から海を眺める女性の後ろ姿もその中に一体化し軽快な作品に仕上がった。

×

《モスクワ》
1916(大正5)年 木版・紙 34.7×42.6cm 上田市立美術館

1919年開催の第1回日本創作版画協会展出品作。モスクワ滞在は4か月足らずであったが、鼎はロシアでの制作にも余念がなかった。滞欧期の作品の中では最も大判。似た構図の油彩の小品もある。

×

《ブルターニュの小湾》
1913(大正2)年 木版・紙 14.0×21.3cm 上田市立美術館

フランスに留学した鼎は、小杉放菴とともにブルターニュ地方を旅した。海岸沿いの牧草地で草をはむ牛の姿を主題に、波間を行く帆船の帆がアクセントとなっている。本作の台紙には没年である1946年の本人の回想メモがある。

×

《ブルトンヌ》
1920(大正9)年 木版・紙 36.9×28.4cm 上田市立美術館

鼎の創作版画の集大成となった作品。民族衣装を着たブルターニュ地方の女性を主題に据え、バックを水平線だけで構成している。下絵段階では背景に帆を張る人物や岬が描かれていたが、それらは全て省略され主題がよりクローズアップされた。

×

《雨やどり 婦人の引力》
1907(明治40)年 淡彩・墨・和紙 16.0×24.0cm 上田市立美術館

東京美術学校を卒業した1906年、鼎は北沢楽天が主筆の風刺漫画雑誌「東京パック」の漫画記者となる。鼎は主に世相や芸術に関連した機知に富み、時には皮肉を交えた風刺画を描いたが、本作品もそうした着想を作品にしたものだろう。

×

《日曜の遊び(下図)》
1914(大正3)年 水彩・紙 (左)21.3×15.2cm/(右)22.9×13.2cm 上田市立美術館

鼎の作品の中では異質なもので、これを元にした村山槐多の水彩の大作が岡崎市美術館に存在する。画面左はマネの《草上の昼食》、右側はルノワールの《大水浴》などを想起させる。鼎と槐多の関係が伺える興味深い資料。

×

『農民美術建業之趣意書』
1919(大正8)年 紙(冊子) 9.2×13.2cm 上田市立美術館

留学から帰国した鼎の後半生は美術教育運動に捧げられた。農民美術運動はそのひとつ。ロシア農民工芸をヒントに、長野県神川村で農民による美術的手工芸品「農民美術」の生産が始まる。昭和初期に生産は全国に広がった。

×

《農民美術デザイン画(水鳥の平木鉢)》
1923(大正12)年頃 水彩・鉛筆・紙 38.0×57.2㎝ 上田市立美術館

農民美術運動の初期段階では、鼎本人や運動に協力した画家たちのデザイン画が数多く残されており、実際に製品化されたものもある。鼎らが農民美術の生産に従事した農村民にもデザイン教育を行った点は特筆される。

×

『児童自由画展覧会趣意書』
1919(大正8)年 紙(冊子) 14.0×9.4cm 上田市立美術館

「自由画」とはお手本帳を模写する当時の学校教育を改めるため鼎自身が考案した造語である。児童生徒の感じた実感を描かせることを主張した「児童自由画教育運動」は全国に広がり、現在の美術教育の源流となった。

×

第1回児童自由画展覧会入選作品
1919(大正8)年 クレヨン・紙 23.7×23.5cm 上田市立美術館

長野県神川村の神川小学校で開催された「第1回児童自由画展覧会」で、鼎の目によって「自由画」として入選した小学校6年生の絵。「正確な写実」ではなく「自分の実感」を評価するという鼎の方針は大きな反響を呼んだ。

デジタルアーカイブ

上田市マルチメディア情報センター(外部リンク)

山本鼎アーカイブス(上田市マルチメディア情報センター)

過去の展覧会

農民美術・児童自由画100年展
農民美術・児童自由画100年展
没後100年 村山槐多展
村山槐多展
上田市立美術館コレクション展
山本鼎 農民美術のデザイン
上田市立美術館コレクション展 山本鼎 農民美術のデザイン
第7回 山本鼎版画大賞展
第7回 山本鼎版画大賞展
上田市立美術館コレクション展
山本鼎版画大賞展 歴代受賞作品展
上田市立美術館コレクション展 山本鼎版画大賞展 歴代受賞作品展
特別展示 ―山本鼎 青春の絵はがき―
特別展示 ―山本鼎 青春の絵はがき―
上田市立美術館 コレクション展Ⅰ
(平成28年度)
上田市立美術館 コレクション展Ⅰ(平成28年度)
上田市立美術館コレクション
新収蔵品展
上田市立美術館コレクション 新収蔵品展
上田市立美術館 常設展 第4期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第4期(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第3期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第3期 (平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第2期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第2期(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第1期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第1期(平成27年度)
第6回山本鼎版画大賞展
第6回山本鼎版画大賞展
開館記念特別展 山本鼎のすべて展
開館記念特別展 山本鼎のすべて展
石井鶴三 彫刻とは立体感動である 如何なる芸術も感動の上に立っている

東京都御徒町に生まれる。父(石井鼎湖)、兄(石井柏亭)という芸術家一家の三男。10歳で父が病死したため、船橋の親戚の養子となる。16歳で復籍して実家に戻り、小山正太郎の不同舎で絵画を、加藤景雲から木彫を学ぶ。小山の教え「和して同ぜず」「たンだ一本の線(で描く)」は生涯の指針となる。1905(明治38)年に東京美術学校彫刻科に入学、卒業後は美術院研究所に入所し、研鑽を重ねた。
兄・柏亭の友人、山本鼎とも親しく、信州や山との縁を深めたのも鼎との浅間山登山がきっかけであった。創作版画運動にも関わり、後に日本版画協会の会長も務めた。
「立体がわかれば、彫刻でなくても構わない」という鶴三の制作活動は、彫刻の他に挿絵・油絵・版画・水彩・舞台美術など多岐に渡っているが、一貫して「立体の美」を追求した。美術の本質をとらえたそれらの作品は、各分野において高い評価を得ている。東京の自由学園で美術教師を12年、東京美術学校(現・東京藝術大学)の教授を15年、信州上田で彫塑研究会の講師を46年に渡って務めるなど教育者として果たした役割も大きい。

©Keibunsha,Ltd.2020 /JAA2000026

年譜

1887年
東京・下谷区に日本画家の三男として誕生。
1898年
父の死により、親戚の養子となる。
1904年
実家に復籍。小山正太郎の「不同舎」に入塾。
1905年
東京美術学校彫刻科選科に入学。
1906年
山本鼎と浅間山に登り、日本アルプスに感動。
1915年
日本美術院研究所に入所。院友となる。
1918年
新聞小説の挿絵を手がけはじめる。
1919年
日本山岳会会員。第1回日本創作版画協会展に出品。
1922年
春陽会発足で客員(後に会員)となる。
1924年
上田で彫塑講習会の講師に招かれ、以後46年間通う。
1926年
山本鼎の推薦で東京・自由学園の美術教師になる。
1931年
日本版画協会設立に参画。
1941年
日本版画協会会長、日本挿絵画家協会会長に就任。
1944年
東京美術学校彫刻科教授に就任。
1950年
初代横綱審議委員及び日本芸術院会員となる。
1963年
文化財審議委員。法隆寺中門仁王像修理を行う。
1969年
相撲博物館2代目館長となる。
1973年
心臓衰弱にて、東京の自宅にて死去。享年85歳。

作品紹介

作品をクリックすると詳細を表示します。

《荒川嶽頭部》

《荒川嶽頭部》
1911(明治44)年 ブロンズ
H22.4cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

《婦人像》

《婦人像》
1924(大正13)年 ブロンズ
H48.3cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

《信濃男》

《信濃男》
1929(昭和4)年 ブロンズ
H51.0cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

《老婦袒裼》

《老婦袒裼》
1936(昭和11)年 ブロンズ
H58.0cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

《相撲(五)》

《相撲(五)》
1940(昭和15)年 ブロンズ
H36.5cm 上田市立美術館

《風》

《風》
1956(昭和31)年 ブロンズ
H78.6cm 上田市立美術館

《雷 試作》

《雷 試作》
1957(昭和32)年 ブロンズ
H124.0cm 上田市立美術館

《裸女立像》

《裸女立像》
1966(昭和41)年 ブロンズ
H75.5cm 上田市立美術館

《奇峯臨水》

《奇峯臨水》
1956(昭和31)年 油彩・キャンバス
41.0×53.0cm
小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

《上田獅子屏風 房山獅子舞之図》

《上田獅子屏風 房山獅子舞之図》
1937(昭和12)年 紙本着色屏風装
170.0×561.0cm 六曲一双
小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

《東京駅夕景》

《東京駅夕景》
1928(昭和3)年 木版・紙
23.8×34.0cm
小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

《雪国》

《雪国》
1919(大正8)年 木版・紙
13.4×8.9cm
小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

《馬と少年(二)》

《馬と少年(二)》
1965(昭和40)年 木版・紙
35.0×25.0cm
小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

《いへきかな》

《いへきかな》
1970(昭和45)年 木版・紙
37.5×28.4cm
小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

《父子鷹「信濃」(4)》

《父子鷹「信濃」(4)》
1955(昭和30)年 墨・紙
19.0×22.0cm(画寸) 上田市立美術館

×

《荒川嶽頭部》
1911(明治44)年 ブロンズ H22.4cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

24歳の時、「山で得た感動をあらわしてみたい」と制作した意欲作。
元々は岩の陰からこちらを覗く女の石膏の全身像だったが、現在は首から上のみ残っている。文展に出品し入選、褒状を得て、新進作家として評価される。

×

《婦人像》
1924(大正13)年 ブロンズ H48.3cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

上田彫塑研究会、最初の作品。素朴だが芯のある信濃女の内面までもとらえられている。鶴三はこの作品で『自分の彫刻を得た』と語っており、鶴三の彫刻の大きな転換期となった。

×

《信濃男》
1929(昭和4)年 ブロンズ H51.0cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

静かなポーズの内側から発する動きと力。的確な描写と、それにとどまらない造形表現が結合し、見事な立体感が生まれている。第6回上田彫塑研究会の快作。

×

《老婦袒裼》
1936(昭和11)年 ブロンズ H58.0cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

穏やかで凛とした老婦像からは、彼女が培ってきた人間性までもがにじみ出る。鶴三が生涯を通じて探求しつづけた「立体の美」の傑作。第13回上田彫塑研究会で制作された。

×

《相撲(五)》
1940(昭和15)年 ブロンズ H36.5cm 上田市立美術館

横綱審議委員にも選ばれる鶴三。自宅に土俵を造ってしまうほど相撲好きであった。力士の特別な身体つきにも魅力を感じ、多くの作品を残している。二人の力士が絡んだ一瞬をとらえた作品からは、デッサン力・構成力の高さがうかがえる。

×

《風》
1956(昭和31)年 ブロンズ H78.6cm 上田市立美術館

流れる雲を掲げて軽々と尾根を越えていく風の神。天候神をテーマに鶴三は幾度も試作を繰り返した。軽やかさと力強さを備えた擬人像は、山を愛し続けた鶴三の永遠のテーマであった。

×

《雷 試作》
1957(昭和32)年 ブロンズ H124.0cm 上田市立美術館

湧き上がる雲を背負い山の頂に現れた雷神は、鋭く眼下を睨む。隆々たる筋肉、その力は体躯・指先にまでみなぎり、髪すらも天を突く。山中で感得した幻想や感動は、晩年まで制作のモチーフとなった。

×

《裸女立像》
1966(昭和41)年 ブロンズ H75.5cm 上田市立美術館

鶴三82歳、最後の上田彫塑研究会での作品。極端に小さい足と高台が、彫刻全体に不思議なバランスを与えている。表面を整えるのではなく、動きと量感の表現が彫刻の大切な要素であることを証明している。

×

《奇峯臨水》
1956(昭和31)年 油彩・キャンバス 41.0×53.0cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

彫塑研究会で上田を訪れた際に「独鋸山(とっこざん)」を描いた。
険しくそびえる山が麓の池に写り、眼前に飛び込んでくる。絵画においても、一貫して立体感を重視した鶴三。確かな山の造形に加え、周辺の空間までとらえている。

×

《上田獅子屏風 房山獅子舞之図》
1937(昭和12)年 紙本着色屏風装 170.0×561.0cm 六曲一双  小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

真田昌幸の上田城築城時、地固めの奉納舞に起源する伝統芸能「上田獅子」。再興をそそられ制作した六曲一双屏風は、鶴三が46年という長年にわたり、彫塑研究会講師として上田を訪れた足跡の一つ。

×

《東京駅夕景》
1928(昭和3)年 木版・紙 23.8×34.0cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

夕暮れの東京駅南口。駅舎に光が灯るほの暗い情景を描いた鶴三の原画を、専門職人の高い技術がよく再現している。作家が全行程を手掛ける「創作版画」だが、その初期においては彫師や摺師との共同作業の例もある。

×

《雪国》
1919(大正8)年 木版・紙 13.4×8.9cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

創作版画協会の記念すべき第一回展に出品した作品。素朴だが味わい深い、鶴三版画のスタイルが既に確立されている。手前の子どもと背景の山をはっきりと摺り分ける鶴三のテクニックも感じることができる。

×

《馬と少年(二)》
1965(昭和40)年 木版・紙 35.0×25.0cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

正面の難しい角度から、馬の量感や構造を的確にとらえており、彫刻家らしい版画に仕上がっている。少年時代、養子に出された船橋で寂しさを埋めてくれた“馬”への愛情は終生消えることは無かった。

×

《いへきかな》
1970(昭和45)年 木版・紙 37.5×28.4cm 小県上田教育会(上田市立美術館寄託)

『万葉集』の雄略天皇の求婚歌に着想を得た作品で、立体造形で磨かれた的確な描写力、力強い描線が特徴。山本鼎提唱の「創作版画運動」に共鳴、晩年は『古事記』や『万葉集』など古典を題材にした連作に精力的に挑んだ。

×

《父子鷹「信濃」(4)》
1955(昭和30)年 墨・紙 19.0×22.0cm(画寸) 上田市立美術館

最後の新聞連載となった『父子鷹』。挿絵で描く場所へはできる限り足を運んだ鶴三。強い臨場感を味わえるのも鶴三の挿絵の魅力である。この作品では濃い墨線ではっきり描いているのが特徴。浅間山を遠景に人物も生き生きと描いている。

過去の展覧会

上田市立美術館コレクション展
版表現の魅力
上田市立美術館コレクション展 版表現の魅力
石井鶴三 立体の美
石井鶴三 立体の美
上田市立美術館 コレクション展Ⅲ
(平成28年度)
上田市立美術館 コレクション展Ⅲ(平成28年度)
上田市立美術館 コレクション展Ⅰ
(平成28年度)
上田市立美術館 コレクション展Ⅰ(平成28年度)
上田市立美術館 常設展 第4期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第4期(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第3期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第3期 (平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第2期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第2期(平成27年度)
ハリー・K・シゲタ 私の使命はカメラによって貢献すること

1887(明治20)年、長野県上田市原町に生まれる。日本名、重田欣二。15歳で単身渡米し、ハリー・K(キンジ)と名を変える。ミネソタの美術学校で広く美術を学ぶも、デッサンに利用していたカメラに興味を持ち写真家へと転身。写真の修整技術を磨く。長い下積み時代を経て、商業写真家となり、1930(昭和5)年、シカゴに「シゲタ・ライトスタジオ」を設立。高い技術と洗練されたデザインが話題を呼び、アメリカ有数の企業へと成長を遂げる。また、後継者への育成にも尽力。講演会や研修会を通じ、自らの写真術や技法を余すところなく教えるその姿は多くの人々に支持された。1941(昭和16)年に勃発した太平洋戦争の影響を受け、会社の所有権を失い自宅軟禁の身となるが、カメラ仲間などから嘆願活動が起こり拘束を解かれ写真家として復帰。1949(昭和24)年にはアメリカ写真家協会名誉会員の称号が授与され、国際的商業写真家としてその名を広めた。
ただ現実を写し取るのではなく、自分の思い描くイメージを、絵を描くかの如く自由自在に表現することにこだわり、巧みなライティング、考え抜かれた構図、丹念で緻密な修整作業を用い、幻想と現実の狭間を見るかのような写真表現を追求した。 当館では、夫人から寄贈された10数点のほか、親交のあった写真家・宮武東洋が保管し、その後、細江英公氏の手に渡った作品及び資料併せて1,500余点を収蔵している。

年譜

1887年
小県郡上田町(現・上田市)の原町に生まれる。
1902年
旧制上田中学校(現長野県上田高等学校)を中退し渡米。親戚を頼りシアトルへ向かう。
1903年
セントポール美術研究所に入学。幅広く美術を学ぶ。
1910年
ロサンゼルスで肖像写真家となる。修整技術を学ぶ。
1916年
修整家の同僚で、静岡県掛川出身の内藤信(のぶ)と結婚。
1924年
シカゴ最大手のモフェットスタジオで修整家として働く。後に商業写真部門の責任者となる。
1930年
シカゴにて「シゲタ・ライトスタジオ」を設立する。
1934年
宝飾店ミキモトの広告として《真珠と人魚》を制作。
1940年
戦争を風刺するフォトカリカチュア作品を発表。
1941年
太平洋戦争により敵国人となり外出制限を受ける。
1948年
イギリスの国際写真コンペディションに出品した《渦巻》が芸術写真部門の第1位を受賞する。
1949年
アメリカ写真協会名誉会員の称号を授与される。
1954年
アメリカ国籍を取得。
1958年
スタジオを後進に譲りロサンゼルスに移住、引退する。
1963年
4月21日死去。享年75歳。

作品紹介

作品をクリックすると詳細を表示します。

《ポートレート(セシル・B・デミルの肖像)》

《ポートレート(セシル・B・デミルの肖像)》
1920(大正9)年頃 ゼラチンシルバープリント
24.0×18.7cm 上田市立美術館

《砂丘》

《砂丘》
1920(大正9)年頃 ゼラチンシルバープリント
17.5×24.0cm 上田市立美術館

《暮色》

《暮色》
1923(大正12)年 ゼラチンシルバープリント
45.8×35.6cm 上田市立美術館

《ふぶき》

《ふぶき》
1925(大正14)年 ゼラチンシルバープリント
35.5×43.0cm 上田市立美術館

《ドミノ・パイ》

《ドミノ・パイ》
1928(昭和3)年 ゼラチンシルバープリント
41.4×34.0cm 上田市立美術館

《真珠と人魚》

《真珠と人魚》
1934(昭和9)年頃 ゼラチンシルバープリント
43.0×35.0cm 上田市立美術館

《ネックレスと女性》

《ネックレスと女性》
1934(昭和9)年頃 ゼラチンシルバープリント
50.8×40.6cm 上田市立美術館

《コマーシャル用写真(Flosheim Shose)》

《コマーシャル用写真(Flosheim Shose)》
制作年不詳 ゼラチンシルバープリント
35.4×33.0cm 上田市立美術館

《トルソー》

《トルソー》
1938(昭和13)年 ゼラチンシルバープリント
39.3×49.2cm 上田市立美術館

《セルフポートレート》

《セルフポートレート》
1940(昭和15)年 ゼラチンシルバープリント
25.4×20.3cm 上田市立美術館

《ポートレート(I SHOT ‶LINCOLN”1)》

《ポートレート(I SHOT ‶LINCOLN”1)》
1940(昭和15)年頃 ゼラチンシルバープリント
50.8×40.6cm 上田市立美術館

《ヒトラー》

《ヒトラー》
1940(昭和15)年 ゼラチンシルバープリント
29.0×26.5cm 上田市立美術館

《ルーズヴェルト》

《ルーズヴェルト》
1940(昭和15)年頃 ゼラチンシルバープリント
29.0×26.5cm 上田市立美術館

《干潮》

《干潮》
1945(昭和20)年 ゼラチンシルバープリント
34.4×39.2cm 上田市立美術館

《渦巻》

《渦巻》
1948(昭和23)年 ゼラチンシルバープリント
49.9×39.4cm 上田市立美術館

《時間・空間・形態》

《時間・空間・形態》
1948(昭和23)年 ゼラチンシルバープリント
50.0×40.0cm 上田市立美術館

《幻想》

《幻想》
1949(昭和24)年 ゼラチンシルバープリント
41.4×34.0cm 上田市立美術館

《ストロベリー・パイ》

《ストロベリー・パイ》
1950(昭和25)年頃 ダイトランスファープリント
32.5×40.8cm 上田市立美術館

《コマーシャル用写真(パン)》

《コマーシャル用写真(パン)》
1950(昭和25)年頃 ダイトランスファープリント
39.0×31.5cm 上田市立美術館

《受難》

《受難》
1950(昭和25)年 ゼラチンシルバープリント
45.0×34.0cm 上田市立美術館

×

《ポートレート(セシル・B・デミルの肖像)》
1920(大正9)年頃 ゼラチンシルバープリント 24.0×18.7cm 上田市立美術館

ハリウッドの草創期を代表する映画製作者セシル・B・デミルの肖像。この頃のシゲタはロサンゼルスの写真館に勤め、いわゆるハリウッドスターたちの肖像写真を撮影していた。流暢な英語で場を和ませつつ、豊かな表情を引き出したという。

×

《砂丘》
1920(大正9)年頃 ゼラチンシルバープリント 17.5×24.0cm 上田市立美術館

1920年頃から、シゲタは芸術写真を強く意識するようになり、森や砂浜など自然の中でモデルを使ってのヌード撮影を試みている。ソフトフォーカスなどを駆使して撮影された本作は、シカゴの地元紙シカゴサンデートリビューンにて「美の手本」と称賛されている。

×

《暮色》
1923(大正12)年 ゼラチンシルバープリント 45.8×35.6cm 上田市立美術館

シゲタの作品には日本的な表現を含んだ作品も多くみられる。本作は、シゲタが所有していた掛け軸に着想を得て作られたとされる。ソフトフォーカスやコントラストを使い、まるで墨の濃淡のような表現がなされている。

×

《ふぶき》
1925(大正14)年 ゼラチンシルバープリント 35.5×43.0cm 上田市立美術館

シカゴのミシガンアベニューを撮影したもの。いわゆる加工写真であり、実際にはそれほどの積雪はない。吹雪や奥の積雪はシゲタがネガに修整を加えており、凍てつく吹雪の中を馬車が進む様が見事に表現されている。

×

《ドミノ・パイ》
1928(昭和3)年 ゼラチンシルバープリント 41.4×34.0cm 上田市立美術館

シカゴの有名デパート「マーシャルフィールズ」から依頼された広告写真。逆光と順光を効果的に用いることで、光と影の共存を演出している。当時、シゲタはシカゴの大手写真スタジオ「モフェット」で商業写真の責任者を任されており、さまざまな広告写真を手掛けていた。

×

《真珠と人魚》
1934(昭和9)年頃 ゼラチンシルバープリント 43.0×35.0cm 上田市立美術館

アメリカに進出していた宝飾店ミキモト(当時御木本真珠店)から依頼された広告写真。3枚のネガを1枚の印画紙に焼き付ける高度な技法が用いられている。下部にミキモトのロゴがあり、シゲタの手掛けた広告写真を知る貴重な一枚。

×

《ネックレスと女性》
1934(昭和9)年頃 ゼラチンシルバープリント 50.8×40.6cm 上田市立美術館

シゲタが手掛けた宝飾店ミキモトの広告写真。《真珠と人魚》と同じくミキモトの当時のカタログ「真珠」に複数回掲載がみられる。本作には構図が類似したネガが多数残されておりシゲタの思考錯誤の跡がうかがえる。

×

《コマーシャル用写真(Flosheim Shose)》
制作年不詳 ゼラチンシルバープリント 35.4×33.0cm 上田市立美術館

靴の老舗ブランドとして知られる「フローシャイム」の広告写真。「フローシャイム」は20年にわたりシゲタ・ライトスタジオの顧客としてあり続け、いくつもの広告写真が制作されている。このほか、同スタジオの顧客にはケロッグなど有名企業が名を連ねた。

×

《トルソー》
1938(昭和13)年 ゼラチンシルバープリント 39.3×49.2cm 上田市立美術館

イーストマン・コダック社から新しい乳剤のテストを依頼され制作した写真。モデルに非常に強い光を当て、極度のコントラストの中で肌理をとらえられるかが試されている。のちに乳剤は「SUPER PANCHRO-PRESS, TYPE B」の名で売り出された。

×

《セルフポートレート》
1940(昭和15)年 ゼラチンシルバープリント 25.4×20.3cm 上田市立美術館

シゲタが53歳の時に自らを撮影した作品。本作のほかにも類似した構図の写真、ネガがいくつも残されており、それぞれポージングや光源の位置、コントラストの強さが異なる。地位を確立したのちも研鑽に励むシゲタの姿を見て取ることができる。

×

《ポートレート(I SHOT ‶LINCOLN”1)》
1940(昭和15)年頃 ゼラチンシルバープリント 50.8×40.6cm 上田市立美術館

シゲタが友人をリンカーンに見立てて撮影したポートレート。シゲタはリンカーンに畏敬の念を抱いており、本作の撮影ではリンカーンのライフマスクを取り寄せてメイクを施すなど、並々ならぬ熱意が注がれている。

×

《ヒトラー》
1940(昭和15)年 ゼラチンシルバープリント 29.0×26.5cm 上田市立美術館

シゲタが第二次世界大戦開戦の記事を見て制作したフォトカリカチュア(風刺写真)。本作では卵に眉と髭を描きヒトラーに見立てている。同時期に、ルーズヴェルトやムッソリーニ、スターリンなど時代を象徴する権力者の写真が制作された。

×

《ルーズヴェルト》
1940(昭和15)年頃 ゼラチンシルバープリント 29.0×26.5cm 上田市立美術館

第二次世界大戦を揶揄してつくられたフォトカリカチュア。フランクリン・ルーズヴェルト米大統領を模しており、「彼の特徴はアゴ。なのでラインを大げさに表した」とシゲタは語る。のちに大統領本人に本作を送ったという。

×

《干潮》
1945(昭和20)年 ゼラチンシルバープリント 34.4×39.2cm 上田市立美術館

「写真を絵画のように自由自在に表現できないか。」本作は写真の表現と修整技術の追求が実を結んだシゲタの集大成ともいえる作品。修整前の写真では手前に漂着物があふれていたが、これを丹念に修整。絵画のような芸術写真に仕上げている。

×

《渦巻》
1948(昭和23)年 ゼラチンシルバープリント 49.9×39.4cm 上田市立美術館

イギリスで開催された国際写真コンペティションに出品され、審査員の満場一致で芸術部門の第1位に選ばれたシゲタの代表作。この受賞は戦後間もない日本に広く報道され、シゲタの活躍が故郷で知られるきっかけとなった。

×

《時間・空間・形態》
1948(昭和23)年 ゼラチンシルバープリント 50.0×40.0cm 上田市立美術館

60歳ころ、シゲタは突如として抽象的な写真制作に取り組んでいる。本作についてシゲタは「宇宙には限りない「空間」がある。「時間」には始めも終わりもない。あらゆる「フォルム」は、この無限の「空間」と「時間」の中にある。」と語る。

×

《幻想》
1949(昭和24)年 ゼラチンシルバープリント 41.4×34.0cm 上田市立美術館

視覚の残像効果を写真で表現しようとしたシゲタの意欲作。左部の女性の顔は、一度カメラで撮影したフィルムを暗室の中で取り出し、ひっくり返して再びカメラに入れ撮影するという非常にユニークな方法で制作されている。

×

《ストロベリー・パイ》
1950(昭和25)年頃 ダイトランスファープリント 32.5×40.8cm 上田市立美術館

シゲタはカラー写真の導入にも積極的で、特にダイトランスファープリントを好んだとされる。高い耐久性とクリアな発色が特徴で、撮影から半世紀以上経過してなお当時の鮮やかさを保っている本作からは、シゲタの作品へのこだわりが見て取れる。

×

《コマーシャル用写真(パン)》
1950(昭和25)年頃 ダイトランスファープリント 39.0×31.5cm 上田市立美術館

食品写真では”如何においしく見せるか”にこだわったというシゲタ。パンの撮影では、「200枚ものパンを焼き、その中から最終的に3、4枚を選ぶ。それだけで半日がかりだ。」と語る。スタジオには撮影専用のキッチンもあった。

×

《受難》
1950(昭和25)年 ゼラチンシルバープリント 45.0×34.0cm 上田市立美術館

シカゴの80kmほど北にある町ザイオンで行われているキリスト受難劇の映画制作の依頼を受け、その舞台写真として撮影された一枚。3歳で洗礼を受けたシゲタはシカゴで牧師の代わりを務めるほど敬けんなクリスチャンだったとされる。

デジタルアーカイブ

上田市マルチメディア情報センター(外部リンク)

ハリー・K・シゲタアーカイブス(上田市マルチメディア情報センター)

過去の展覧会

上田市立美術館コレクション展
ハリー・K・シゲタ
Photography ―光で描く世界―
上田市立美術館コレクション展 ハリー・K・シゲタ Photography ―光で描く世界―
上田市立美術館コレクション展
光と影で魅せる―
写真家 ハリー・K・シゲタの世界
上田市立美術館コレクション展 光と影で魅せる― 写真家 ハリー・K・シゲタの世界
上田市立美術館 コレクション展Ⅱ
(平成28年度)
 
上田市立美術館 コレクション展Ⅱ(平成28年度)
上田市立美術館 コレクション展Ⅰ
(平成28年度)
上田市立美術館 コレクション展Ⅰ(平成28年度)
上田市立美術館 常設展 第4期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第4期(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第3期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第3期 (平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第2期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第2期(平成27年度)
中村 直人 「賞や勲章などいらない、作品が残るだけさ」彫刻家、そして洋画家として

1905(明治38)年、長野県上田市に生まれる。農民美術作家・中村実(初代)は長兄。1920(大正9)年に上京し、山本鼎の紹介により、再興日本美術院の彫刻部同人・吉田白嶺が主催する木心舎に入門する。デッサンの手ほどきを小杉放菴や木村荘八から受け、その後の制作の基礎を築いた。
1926(大正15)年の再興第13回院展で初入選を果たすと、以後、第22回院展まで連続入選。1936(昭和11)年には再興日本美術院の彫刻部同人に推挙される。
戦後は、親交のあった藤田嗣治の勧めを受け、1952(昭和27)年に家族をあげてパリへ移住。ここから彫刻ではなく絵画の制作に精力を注ぐようになり、パリでの最初の個展は大成功を収め、現地の有力紙から絶賛を受けることとなった。パリでは、宿泊先の部屋を汚さないよう油絵ではなくグアッシュ(不透明水彩絵具)を用いることが多く、偶然の発見から、一度描いた画紙を揉み伸ばし画面に表情をつける技法を編み出す。皺や罅割れの上から更に絵の具を重ねた、複雑な絵肌が直人の最大の特徴とされる。首の長い優美な女性の水彩画で人気を誇るが、鎌倉時代の仏像やギリシャのレリーフなど、彫刻家としての立体表現への興味は尽きず、平面作品にもその影響が色濃い。

年譜

1905年
小県郡神川村(現・上田市)に生まれる。
1919年
山本鼎提唱「農民美術講習会」が神川小学校にて開催。
実兄中村實参加、直人も彫刻家を志す。
1920年
日本美術院(院展)彫刻部同人・吉田白嶺の木心舎に入門。
1926年
第13回院展に木彫《清韻》入選。
1929年
第16回院展に木彫《少女立像》等入選、院友推挙。
翌年の第17回院展にて《道化役者》最高賞受賞。
1936年
日本美術院同人に推挙される。
1937年
横山大観の推薦により通信員として中国大陸各地を視察。
1942年
真珠湾攻撃戦没《九軍神》像制作、東卿神社に奉納される(戦災消失)。
1947年
戦争協力者に対する糾弾が高まり、同じく批判を受けていた藤田嗣治と親交を深める。
1952年
藤田嗣治を頼り、パリへと出国。
1953年
パリでの画家としての個展が成功。「ナオンドはパリを征服にやってきた」などと称賛される。
1964年
帰国。滞仏作品展を各地で開催。最初の妻(津澤)定と離婚(やがて山崎登志子と結婚)。
1965年
第50回二科展に《横臥する裸婦》等招待出品、二科会会員に推挙される。
1971年
第56回二科展にて《裸婦》が青児賞受賞。
1980年
第65回二科展にて《会合》が内閣総理大臣賞受賞。
1981年
敗血症にて死去。享年75歳。

作品紹介

作品をクリックすると詳細を表示します。

《大同雲崗鎮石仏》

《大同雲崗鎮石仏》
1930(昭和5〜15)年代 墨画 着色・絹本
67.7×51.5cm 上田市立美術館

《神風号飛行士像(塚越機関士)》

《神風号飛行士像(塚越機関士)》
1937(昭和12)年 ブロンズ
H41.6cm 上田市立美術館

《暁の進軍》

《暁の進軍》
1938(昭和13)年 石膏・着色
98.0×201.0×20.0cm 上田市立美術館

《笛を吹く女》

《笛を吹く女》
1952-1964(昭和27-39)年 グアッシュ・紙
98.8×48.9cm 上田市立美術館

《婦人像》

《婦人像》
1954(昭和29)年 グアッシュ・紙
100.0×73.0cm 上田市立美術館

《クルン》

《クルン》
1960(昭和35)年 グアッシュ・紙
83.5×83.5cm 上田市立美術館

《鳥と子供と猫》

《鳥と子供と猫》
1963(昭和38)年 グアッシュ・紙
55.0×47.5cm 上田市立美術館

《赤い屋根の家》

《赤い屋根の家》
制作年不詳 リトグラフ・紙
57.0×68.0cm 上田市立美術館

《町娘》

《町娘》
制作年不詳 木彫・着色
H51.0cm 上田市立美術館

《雀》

《雀》
制作年不詳 木彫・着色
H17.5cm 上田市立美術館

×

《大同雲崗鎮石仏》
1930(昭和5〜15)年代 墨画 着色・絹本 67.7×51.5cm 上田市立美術館

直人は日中戦争が始まった1937(昭和12)年から通信員として中国に赴いており、本作はその頃の制作と思われる。この作品は絹本に墨で描かれているが、記録画だけでなく、中国絵画を思わせる描き方で、現地の風物を捉えた作品を多く残している。

×

《神風号飛行士像(塚越機関士)》
1937(昭和12)年 ブロンズ H41.6cm 上田市立美術館

1936(昭和11)年、朝日新聞社の「神風号」は、東京―ロンドン間の飛行新記録を作った。これを記念し、飯沼操縦士像と共に制作されたのが本像である。塑像ながら、木彫を思わせる彫りの深い造形が冴えわたる。

×

《暁の進軍》
1938(昭和13)年 石膏・着色 98.0×201.0×20.0cm 上田市立美術館

騎馬兵団をモチーフとした、横幅2メートルに及ぶ大作レリーフ。
直人は、時代時代を代表する作品が、正統で堂々としたモチーフの扱い方によって現れていることを指摘し、自身でも精力的にこれを模索した。本作が古代オリエントやローマ彫刻といった伝統的進軍像の系譜に則っているのも、そういったモニュメンタルな作品を生み出そうとする直人の意志であろう。

×

《笛を吹く女》
1952-1964(昭和27-39)年 グアッシュ・紙 98.8×48.9cm 上田市立美術館

直人は赤、緑、黄色の肌の人物画を度々描いているが、仏教の五色を取り入れたものと考えられる。パリにあって日本人としての絵を模索した直人の様子が垣間見える。
笛を操る指の描き方が、この絵を一層妖しく魅力的なものにしている。

×

《婦人像》
1954(昭和29)年 グアッシュ・紙 100.0×73.0cm 上田市立美術館

エコール・ド・パリの空気を吸いながら制作した直人。代名詞とされる女性像の多くが長い首をもって描かれ、モディリアーニとの共通点が指摘される。丸く量感をもつ腕や胴体の描き方は平安時代の仏像の影響と自身で述懐しており、彫刻家としてのモチーフの捉え方が平面作品においても発揮されている。

×

《クルン》
1960(昭和35)年 グアッシュ・紙 83.5×83.5cm 上田市立美術館

パリ時代の作品。タイトルの「クルン」とは「クラウン(=ピエロ)」のことであるが、直人は度々このピエロを描いている。 グアッシュの罅割れが落ちかけた化粧のように見立てられ、遠くを見つめる男の素顔が透けて見えるようである。

×

《鳥と子供と猫》
1963(昭和38)年 グアッシュ・紙 55.0×47.5cm 上田市立美術館

身体のボリュームを感じさせる曲線が指摘されることの多い直人作品だが、本作は単純な直線によって描かれている。線画の後で着彩や紙の揉み伸ばしを行っていると思われ、直人の発見した皺や絵の具の罅割れによる偶然の作用を感じられる作品である。

×

《赤い屋根の家》
制作年不詳 リトグラフ・紙 57.0×68.0cm 上田市立美術館

ほぼ同系の作品が複数知られている。屋根の軒は軽くカーブし、魚眼レンズを覗いたように家がこちら側にせり出している。直人はパリの家屋などの壁や塀をテーマにすることが多かったが、画紙を揉みこむ独自の技法によって、風雪を経た壁の風合いが表現されている。

×

《町娘》
制作年不詳 木彫・着色 H51.0cm 上田市立美術館

初期の作品と思われる。師であった吉田白嶺の細やかな人物表現の影響が見られる。絵画だけでなく彫刻においても幅広い作風をもつ直人であるが、何気ない仕草で町を歩く娘の造形は実在感が強く、基礎技術の高さが表れている。

×

《雀》
制作年不詳 木彫・着色 H17.5cm 上田市立美術館

鷹や百舌鳥などの鳥は、直人が好んで彫刻にした題材。雀の毛流れを表現した荒々しい鑿の跡は、《町娘》と同じ作家によるものとは思えないほど。岩石のような土台部分は鳥を彫る際のお決まりの表現であるが、岩の形状やそこへの鳥の配置によって、生き物としての雀の背景を想像させる。

過去の展覧会

上田市立美術館コレクション展
中村直人―異才の表現―
上田市立美術館コレクション展 中村直人―異才の表現―
上田市立美術館コレクション
  新収蔵品展
上田市立美術館コレクション 新収蔵品展
上田市立美術館
新収蔵コレクション展
上田市立美術館 新収蔵コレクション展
上田市立美術館 常設展 第2期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第2期(平成27年度)
林 倭衛 おれの持っているものの凡てをこの地上に叩きつけて死にたい

1895(明治28)年、長野県上田市常磐城に生まれる。10歳の時、父親の製紙工場の失敗に伴い上京し、印刷工として働き一家を支える。一方で絵画制作への関心をもち、1911(明治44)年より日本水彩画研究所夜間部で学んだ。1916(大正5)年に二科展で初入選し、2年後には《サンジカリスト》などで二科賞を受賞する。創立会員である有島生馬は「林倭衛氏は二科会にとって宝の一つである」と評した。
翌年には、交流のあった社会主義者・大杉栄をモデルにした《出獄の日のO氏》を出品し、警視庁から撤去命令を受けたことで物議を醸した。これは、国家が思想問題で美術展に介入した最初の事件とされる。
1921(大正10)年に渡仏。ポール・セザンヌのアトリエを借りての制作を行った。日本人としては初めてのことだと言われる。人物画や風景画を得意とし、印象派の影響を受けた明快な色使いと力強い筆致で知られている。
帰国後は春陽会などで活躍していたが、長年の酒癖がたたり、1945(昭和20)年に埼玉県浦和市(現・さいたま市)で永眠した。

年譜

1895年
小県郡上田町(現・上田市)に生まれる。
1911年
日本水彩画研究所夜間部入学。この頃大杉栄らアナーキストと出会う。
1913年
サンジカリズム(労働組合主義)研究会参加。
1916年
第3回二科展《サンジカリスト》《多摩川付近》初入選。
1919年
第6回二科展に、大杉栄モデルの《出獄の日の0氏》出品、警視庁より撤去命令を受ける。
1921年
渡仏。坂本繁二郎・小出楢重らと同船。
1923年
パリで大杉栄と交友。イボンヌと同棲。
1925年
南仏エクスにてセザンヌのアトリエを借り制作。
1926年
帰国、春陽会会員となる。
1928年
シベリア鉄道経由にて再び渡欧、翌年帰国。
1937年
新文展にて審査員。最初の妻(秋田)富子と別居、高橋操と同棲。
1945年
1月に肝硬変にて急死。享年49歳。
4月の東京空襲により遺作約50点が焼失。

作品紹介

作品をクリックすると詳細を表示します。

《フランスの女》

《フランスの女》
1922(大正11)年  油彩・カンヴァス
60.5×45.0cm 上田市立美術館

《エスタック風景》

《エスタック風景》
1922(大正11)年頃 油彩・カンヴァス
38.0×55.0cm 上田市立美術館

《早春》

《早春》
1925(大正14)年 油彩・カンヴァス
60.5×73.0cm 上田市立美術館

《海景》

《海景》
1929-1945(昭和4-20)年 油彩・カンヴァス
27.5×45.5cm 上田市立美術館

《草原の景》

《草原の景》
1937(昭和12)年 油彩・カンヴァス
38.0×45.5cm 上田市立美術館

《別所沼》

《別所沼》
1942(昭和17)年 油彩・カンヴァス
53.0×72.8cm 上田市立美術館

《浴女》

《浴女》
1944(昭和19)年 油彩・板
23.8×33.0cm 上田市立美術館

×

《フランスの女》
1922(大正11)年  油彩・カンヴァス 60.5×45.0cm 上田市立美術館

モデルは、倭衛がフランスで同棲した女性・イボンヌと思われる。渡仏中の彼を心身ともに支えた人物である。イボンヌを題材にした作品の中には穏やかな調子のものも多いが、本作には彼女の個性と強い意志が表れている。

×

《エスタック風景》
1922(大正11)年頃 油彩・カンヴァス 38.0×55.0cm 上田市立美術館

セザンヌをはじめ、多くの画家が訪れた南仏の小さな漁村エスタック。倭衛は1922年秋に当地へ移り住み、制作活動に励んだ。画面右下から伸びる下り坂を描き込み、大胆ながら安定した構図をつくっている。

×

《早春》
1925(大正14)年 油彩・カンヴァス 60.5×73.0cm 上田市立美術館

全体の重い色調や灰色の空が、残寒の厳しさを思わせる。倭衛の描く木々は真っ直ぐ堂々としたものでないことが多いが、うねるような幹の様子は地面を描く荒々しい筆致と連動し、力強い画面を構成している。

×

《海景》
1929-1945(昭和4-20)年 油彩・カンヴァス 27.5×45.5cm 上田市立美術館

倭衛は海をモチーフとした絵も多く描いている。岸辺から遠く海原を臨むような作品が多いが、本作は、彼には珍しく白く泡立つ波涛をテーマに荒れた海を全面に描いている。夕暮れ時なのか空はほの暗く、波には赤や黄の光が混じる。

×

《草原の景》
1937(昭和12)年 油彩・カンヴァス 38.0×45.5cm 上田市立美術館

倭衛は、草原や叢をたびたび作品の中に登場させている。本作は、画面のほとんどが草の茂みに覆われており、明るい黄や筆致の流れによって見る者の視線を画面左下から弧を描いて左上へと導くようになっている。
中央にごく小さく描かれた人物も、この視線の移動を辿っているかのようである。

×

《別所沼》
1942(昭和17)年 油彩・カンヴァス 53.0×72.8cm 上田市立美術館

晩年の倭衛が住んだ旧浦和市(現・さいたま市)。近隣に別所沼と呼ばれる池があり、彼はこの題材を好んだ。鋭いタッチで伸びる冬枯れの樹木から、横に広がる静かな水面が覗く。暖色の風景の中、ブルーの別所沼が全体を引き締めている。

×

《浴女》
1944(昭和19)年 油彩・板 23.8×33.0cm 上田市立美術館

水浴中の女をモチーフにした作品は他にもあるが、倭衛の敬愛したセザンヌの影響と思われる。三人の女は微妙な色調の違いで肌の立体感を表現されているが、肉感的ではなく、それぞれ違ったポーズをとって画面の構図を安定したものにしている。

過去の展覧会

上田市立美術館コレクション
  新収蔵品展
上田市立美術館コレクション 新収蔵品展
上田市立美術館
新収蔵コレクション展
上田市立美術館 新収蔵コレクション展
上田市立美術館 常設展 第2期
(平成27年度)
上田市立美術館 常設展 第2期(平成27年度)
大版画  誰もやっていないことを残したい 森仁志(森工房主宰)

上田市立美術館コレクションの中でも、圧倒的な存在感を示す「大版画」。作家と刷り師が共に心血を注いだ「世界最大級のリトグラフ」は、森工房(長野県坂城町)を主宰した森仁志氏(上田市出身1946-2014)が、1980(昭和55)年に250×125cmという世界最大の巨大リトグラフプレス機を工房に設置したことによって生み出された。これにより2mを超えるリトグラフの制作が可能になった。
その技術を求めて、世界各国から名だたるアーティストが訪問・滞在。寝食を共にして作り上げた「大版画」は、その大きさに加えて高品質の仕上がりが大きな特徴である。
森工房で制作したアーティストは、東山魁夷、池田満寿夫、岡本太郎、カシニョール、カトラン、ブラジリエら、国内外の著名な作家たちで、その作品は各アーティスト最大サイズのリトグラフである。
当館では、森工房で制作された全39点の大版画を所蔵している。

森仁志と森工房

1946年
小県郡中塩田村(現・上田市)に生まれる。
1968年
美術専門出版社・三彩社入社、『山本鼎版画集』『方寸』復刻版等を仕掛ける。
1973年
中村直人と共にパリに滞在。ブルターニュの先史巨石文化に触れる。
1976年
東京幡ヶ谷に「森工房」設立。
1979年
長野県坂城町に工房を移転。
1980年
超大型プレス機を設置し、最大250×125cmの世界最大のリトグラフ制作開始。「大版画」の第一作目となる三栖右嗣《林檎のある風景》や、岡本太郎《風》《黒い太陽》が制作される。
1984年
アンドレ・ブラジリエ来日。滞在中、《青い池》《黄金の森》を制作。
1985年
三度の来訪を経て、池田満寿夫が《宗達讃歌》を完成させる。
1990年
ベルナール・カトランが工房へ来訪、1ヶ月に及ぶ滞在期間に6点の大版画を制作。
1991年
7mに及ぶ東山魁夷《濤声(唐招提寺障壁画)》リトグラフ化に専念。94年刷了。
1999年
『大版画―森工房20年史』をフランス出版社より刊行。
2006年
体調不良により森工房を閉じる。
2012年
上田市に「大版画」38点を寄贈。
2014年
死去。享年68歳。
2019年
上田市に「大版画」1点が寄贈され、39点すべてが上田市の寄贈となる。

作品紹介

作品をクリックすると詳細を表示します。

岡本太郎 《黒い太陽》

岡本太郎 《黒い太陽》
1980(昭和55)年
リトグラフ 104.0×176.0cm
上田市立美術館

東山魁夷《涛声》

東山魁夷《涛声》
1994(平成6)年 リトグラフ
63.5cm・59.0cm(16面)×664.0cm
上田市立美術館

東山魁夷《涛声》

池田満寿夫
《宗達讃歌(天)》《宗達讃歌(地)》
1985(昭和60)年 リトグラフ
95.5×462.0cm 上田市立美術館

智内兄助《雪の盆》

智内兄助《雪の盆》
1988(昭和63)年 リトグラフ
111.0×232.5cm
上田市立美術館

×

岡本太郎 《黒い太陽》
1980(昭和55)年 リトグラフ 104.0×176.0cm 上田市立美術館

1980年、パリでの「日本の現代版画展」へ参加を求められていた岡本は、森氏から大版画制作をもちかけられ、「デッカイやつを出品して、アッと言わせてやるのも悪くない」と制作を許諾。躍動感あふれる強烈な表現が卓越した作品。

×

東山魁夷《涛声》
1994(平成6)年 リトグラフ 63.5cm・59.0cm(16面)×664.0cm 上田市立美術館

魁夷が10年をかけ、唐招提寺御影堂内の障壁画として奉納した《涛声》。1991年、魁夷から「1/3のリトグラフにしたい」と依頼された森が制作に3年を要した全長7メートルに及ぶ大作。本画の繊細なニュアンスをリトグラフならではの刷りで再現した。

×

池田満寿夫《宗達讃歌(天)》《宗達讃歌(地)》
1985(昭和60)年 リトグラフ 95.5×462.0cm 上田市立美術館

《風神雷神図》で有名な江戸時代を代表する絵師 俵屋宗達をオマージュした作品。天と地の広がりを奥行ではなく横に展開する構成は、日本美術の神髄を平面性と装飾性の融合であるとした池田が、晩年にたどり着いたジャポニズム的世界観。

×

智内兄助《雪の盆》
1988(昭和63)年 リトグラフ 111.0×232.5cm 上田市立美術館

2メートルを超える和紙に刷る雁皮刷り色版という画期的作品。和紙ならではのやわらかい色味は、版の細かい表現を写し取り、仕上げの銀砂子も、画面の少女たちに独特な静謐さを醸し出している。

過去の展覧会

上田市立美術館コレクション展
版表現の魅力
上田市立美術館コレクション展 版表現の魅力
上田市立美術館コレクション展
  「大版画」リトグラフの世界
上田市立美術館コレクション展 「大版画」リトグラフの世界
上田市立美術館コレクション展Ⅳ
~大版画に挑んだ作家たち~
上田市立美術館コレクション展Ⅳ~大版画に挑んだ作家たち~
森工房「大版画」の全貌展
森工房「大版画」の全貌展