• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • お問い合わせ
  • HOME
  • 体験事業
  • 【レポート】アーティスト・イン・レイジデンス~津野田圭さん

【レポート】アーティスト・イン・レイジデンス~津野田圭さん

体験する

津野田圭さん クラスコンサート in 上田市立川辺小学校
2018年6月28日(木)

 

ハープ奏者、津野田圭さんによるクラスコンサートが上田市立川辺小学校で行われました。

 

 

5年生2クラスの児童が、音楽室中央に据えられた大きなハープを囲むようにして座るなか、津野田さんが登場しました。子どもたちのほとんどは、ハープという楽器を見るのも、音を聴くのも、今日がはじめて。

津野田さんはまず「水の動きが表現された曲」という、アッセルマンの「泉」を演奏しました。

 

弾き終わった津野田さんが「なんてやさしい音がするんだろうと思いませんでしたか」と話しかけると、うなずく子どもたち。それは指で直接弦をはじくからだと津野田さんは言います。ハープは47本ある弦を、小指をのぞいた8本の指で弾いて演奏するのです。

 

そして、楽器本体はカエデの木でできていること。弦は、低音がスチール、中音がガット(羊の腸を細くしたもの)、高音がナイロンと、音域によって材質がちがうこと。足元にはドからシに対応した7本のペダルがあること。このペダルでシャープやフラットの音を出すことを説明してくれました。

「優雅に弾いているように見えますが、じつは、足は結構忙しい」と津野田さんが言います。

 

続いて演奏されたのは、バッハの「G線上のアリア」と、ヘンデルの歌劇セルセより「懐かしき木陰よ」の2曲。どちらの作曲家も1685年にドイツに生まれ、バロック時代後期に活躍しました。耳慣れた曲もハープで奏でられると、よりあたたかな楽曲に聴こえました。

 

 

再び、津野田さんが子どもたちにやさしく語りかけます。ハープは重さが40〜45㎏もあって、とてもひとりでは運べないので、ハープを運ぶ専門家がいること。

津野田さんがはじめてハープを弾いたのは小学2年生で、祖母に誘われたのがきっかけだったこと。最初はみんなとちがうことをしているのが恥ずかしくて、秘密にしていたこと。

でも、はじめて聴いた時からハープの音色が大好きだった津野田さんは「ずっと続けてきて良かった」と言います。「それぞれちがって、いいのだと思います。正解もまちがいもありません」。そんな言葉に、子どもたちが耳を傾けます。

 

4曲目のフォーレ「ハープのための即興曲 作品86」の演奏に続き、体験コーナー。児童2人がハープを実際に弾いてみることになりました。

順に椅子に座り、傾けたハープを右肩で支えると、「思ったよりも重くない」とのこと。

 

 

そして弦を弾き、「きれいな音が出せた」「横から見るのと座った位置から見るのでは、全然ちがって難しかった」という感想をそれぞれ述べました。

 

最後の曲は、ドビュッシー「2つのアラベスク第1番」。演奏を前に、津野田さんが声をかけます。「近くで見たい人がいたら、好きな場所に移っていいですよ」。子どもたちは互いに目配せしあった後、一斉に津野田さんの足元に集まりました。

 

 

ハープのギリギリまで身を寄せ合い、見上げる子どもたちの生き生きとした顔に、津野田さんからは思わず笑顔がこぼれます。そして子どもたちは、最後の演奏を惜しむように聴き入りました。

教室に響くハープの音色ともども、やさしくあたたかな雰囲気に包まれた演奏会となりました。

 

 

 


劇場・ホール TOPへ体験事業 TOPへ