• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 活動レポート
  • ご案内
  • サントミューゼの活動について

公演・イベント情報

【終了】まちとつながるプロジェクト 犀の角×百景社 藤村プロジェクト2021-23 「Before the Dawn 第二部 ~島崎藤村「夜明け前」を巡る旅~」

大スタジオ演劇

様々な困難を抱える現代社会から「夜明け前」を巡る旅に出る。

私たちは、青山半蔵の背中に何を見るのか。

 

コロナウイルスが世界を覆い、これまでにない時代の変化が起き始めた頃、私たちは島崎藤村の長編小説「夜明け前」に出会う。日本が近代化へと急速に歩みを進めるなか、山深い木曽路で廃れゆく宿場の当主として奮闘するひとりの男、青山半蔵。彼は国学に新しい時代の夢をみながらも、次第に世間から排除されていく。その背中を追う長い旅を続けながら、私たちもまた困難が山積するコロナ後の世に生きていることに気が付く。揺れ動く歴史のなかに埋もれていく彼の姿の内に、私たちは何を見るのかー。

 

 

【あらすじ】

幕末、中山道馬籠宿で本陣・問屋・庄屋を兼ねる青山家に生まれた半蔵は、父・吉左衛門から家督を譲られる。黒船来航を皮切りに、安政の大獄、和宮の御降嫁、天狗党の乱と日本にさまざまな事件が起こり、大政奉還へと向かう時代の変化のなかで、半蔵は国学に出会い、次第に専心していく。やがて徳川時代の象徴ともいえた参勤交代が廃止され、次第に宿場は衰退していく(第一部)。
やがて明治に入り、急速に近代化する時代のなかで、馬籠や青山家にも変化が押し寄せる。半蔵は、自身の役目を模索して奮闘するが、時代の流れに翻弄される。木曽の山林資源の国有化に抵抗したために戸長を免職される。馬籠を離れ、東京で国学者として働こうとするが、国学が勢いを失い西洋の学問が隆盛することに危機感を覚え、事件を起こしてしまう。ついに半蔵は、若くして隠居を強いられることとなり、いよいよ世間から取り残されていく――

馬籠宿(現・岐阜県中津川市)の本陣に生まれた藤村の父親をモデルにして書かれた、藤村晩年の代表作。

 


プロフィール

 

【百景社】

2000年旗揚げ。茨城県にて活動を始める。

シェイクスピアなどの古典作品や文学作品を様々な角度から読み直し、現代にも通じる新たな景色を創造することを目指すという思いから劇団「百景社」となる。茨城県内での活動の他に国内各地、時には海外での公演活動も行っている。

2013年、茨城県土浦市に専用のアトリエを構え、自身の作品の創作、発表だけでなく、他地域の団体を招聘するなど「場」の運営も行なう。

 

【犀の角】

長野県上田市の海野町商店街に位置する民間文化施設。劇場・スタジオ・カフェ・ゲストハウスを備えた複合施設として運営。週末には演劇、ライブ、イベントなどが催され、自主事業として「上田街中演劇祭」や「犀の夜」など、演劇、音楽や美術など様々なジャンルのアーティストらと企画運営する。近年は劇場、スタジオ、宿泊施設を生かしたアーティスト・イン・レジデンス事業に力を入れる。子どもや若者を対象とした地域社会が担うクラブ活動「うえだイロイロ倶楽部」、生き辛さを抱えた女性が気軽に泊まれる宿「やどかりハウス」など街中での新たな居場所づくりにもに力を入れ、さまざまなコミュニティ・ハブとして地域に開かれた活動をしている。

 


【重要・完売のお知らせ】(2/2更新)

 

X(旧Twitter)でお知らせしました『Before the Dawn 第二部~ 島崎藤村夜明け前」を巡る旅~』の当日券情報についてですが、その後販売予定枚数を終了(完売)いたしました。

2/2(金)、2/3(土)、2/4(日)の各公演とも当日券の販売はございませんのでご了承ください。

 

日時

2024年2月2日(金)14:00開演(13:30開場)

2024年2月3日(土)14:00開演(13:30開場)

2024年2月4日(日)11:00開演(10:30開場)

 

上演時間は、約3時間30分(途中休憩含む)を予定しております。

※上演時間は多少変動することがございますのでご了承ください。

 

会場

サントミューゼ 大スタジオ

チケット
インフォメーション

【発売日】

2023年11月26日(日)10:00~

 

【料金(全席自由・税込)】

◆一般 3,000円

◆U-25(25歳以下)1,500円

※未就学児のご入場はご遠慮ください。

※U-25(公演日時点25歳以下)チケットは、入場時に生年月日が確認できる証明書をご提示ください。

※やむを得ない事情により、出演者並びにスケジュールが変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※車椅子席をご希望のお客様は、サントミューゼ窓口へお問い合わせください。

 

【プレイガイド】

●窓口販売

サントミューゼ 9:00-19:00 / 火曜定休

犀の角 7:30-10:00 / 16:00-21:30・月曜定休

●インターネット販売

サントミューゼ インターネットチケット予約システム

出演

二口大学、山本晃子(百景社)、快楽亭狂志、山﨑到子、永峯克将、小林風生子(anemone/TOKYOハンバーグ)ほか

スタッフ

脚本:志賀亮史(百景社)、藤村プロジェクト

構成・演出:志賀亮史(百景社)

原作:島崎藤村(「夜明け前」)

ドラマトゥルク:宮尾彰

音楽:小野秀

演奏(Vn/Va):田中美恵子

舞台監督:村上梓

音響:山際一輝(有限会社現場サイド)

照明:染谷和彦・伊藤茶色

宣伝美術:大沢夏海

撮影:安徳希仁

制作:根岸佳奈子(百景社)

プロデューサー:荒井洋文

関連企画

プレ・パフォーマンストーク

2024年2月の公演に先立ち、作品への理解を深めたり、親しみを持っていただけるように藤村にまつわるトークイベントを2回開催します。お気軽にご参加ください。

 

〇第1回 島崎藤村「夜明け前」の楽しみ方

【日時】12月23日(土)14:00~(開場13:30)

【会場】サントミューゼ 多目的ホール

【料金】無料(申込不要、未就学児入場可)

【進行】宮尾彰(ドラマトゥルク)

【登壇】志賀亮史(百景社代表・演出家)、山本晃子(百景社・俳優) ほか

詳しくはコチラ

 

〇第2回 「シモンヌの家」〜パリにおける鼎と藤村の親交を探る〜

【日時】2024年1月21日(日)15:00~

【会場】サントミューゼ 多目的ホール

【料金】無料(申込不要、未就学児入場可)

【進行】宮尾彰(ドラマトゥルク)

【登壇】上田市立美術館学芸員

詳しくはコチラ

チラシ

主催

上田市(上田市交流文化芸術センター)/上田市教育委員会

企画・制作

一般社団法人シアター&アーツうえだ

サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター)

協力

百景社、柏屋別荘倶楽部、大東翼、關根茂世、唐川恵美子

助成

チケット予約はこちらから

一覧へ戻る 一覧へ戻る