• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 活動レポート
  • ご案内
  • サントミューゼの活動について

公演・イベント情報

群馬交響楽団 上田定期演奏会 -2022春-

発売前大ホールコンサート

第576回 群響定期演奏会プログラム

~オール・チャイコフスキー・プログラム~

 

指揮者小林研一郎とチェロに宮田大を迎え、チャイコフスキーの代表曲2作品で管弦楽の響きの奥深さを味わえる演奏会。宮田は日本人チェロ奏者の中で人気・実力ともに常に上位にランクされる奏者。

 

©山本倫子

 

指揮:小林研一郎  Kenichirou Kobayashi,Conductor

 

東京藝術大学作曲科および指揮科卒業。第1回ブダペスト国際指揮者コンクール第1位、特別賞受賞。 ハンガリー国立響音楽総監督、日本フィル音楽監督など、国内外のオーケストラのポジションを歴任。ハンガリー政府よりリスト記念勲章、ハンガリー文化勲章、星付中十字勲章、ハンガリー文化大使の称号、そして2020年3月には同国で最高位となるハンガリー国大十字功労勲章を、国内では2011年文化庁長官表彰を受け、2013年秋の叙勲では旭日中綬章が授与された。現在、日本フィル桂冠名誉指揮者、ハンガリー国立フィルおよび名古屋フィルの桂冠指揮者、読売日響の特別客演指揮者、群響ミュージック・アドバイザー、九響の名誉客演指揮者、東京藝術大学・リスト音楽院名誉教授、東京文化会館音楽監督、ローム ミュージック ファンデーション評議員等を務める。
オフィシャル・ホームページ: http://www.it-japan.co.jp/kobaken/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チェロ:宮田 大   Dai Miyata,cello

 

2009年、ロストロポーヴィチ国際チェロコンクールにおいて、日本人として初めて優勝。これまでに参加した全てのコンクールで優勝を果たしている。その圧倒的な演奏は、作曲家や共演者からの支持が厚く、世界的指揮者・小澤征爾にも絶賛され、日本を代表するチェリストとして国際的な活動を繰り広げている。 録音活動も活発で、2019年にトーマス・ダウスゴー指揮、BBCスコッティッシュ交響楽団との共演による「エルガー:チェロ協奏曲」をリリース(日本コロムビア)
マスメディアでも「らららクラシック」「題名のない音楽会」「徹子の部屋」などへ出演している。
使用楽器は、上野製薬株式会社より貸与された1698年製A. ストラディヴァリウス“Cholmondeley”である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

群馬交響楽団  Gunma Symphony Orchestra 

 

1945年戦後の荒廃の中で文化を通した復興を目指して創立 、1955年「群響」をモデルに制作された映画「ここに泉あり」が公開され、全国的に注目を集めた。

1947年から始めた移動音楽教室は、2019年度までに延べ642万人を超える児童・生徒が鑑賞した。

2014年6月には定期演奏会が500回に達し、2020年に創立75周年を迎えた。

また2019年9月に開館した「高崎芸術劇場」に活動拠点を移し、小林研一郎ミュージック・アドバイザーのもと、さらなる演奏活動の飛躍・向上を目指している。

プログラム

チャイコフスキー/ロココの主題による変奏曲 イ長調 作品33

チャイコフスキー/交響曲 第5番 ホ短調 作品64

(第576回 群響定期演奏会プログラム)

日時

2022年3月20日(日)

15:00開演(14:15開場)

会場

サントミューゼ 大ホール

客席数の制限

未定

チケット
インフォメーション

【発売日】

2022年1月8日(土)10:00~

【料金】

全席指定

S席4,500円 A席3,500円(U-25 S席2,000円 A席1,500円)

(就学前のお子様の入場はご遠慮ください)

※車イス席のお求めはサントミューゼ窓口までお問い合わせ下さい。

※U‐25チケットはサントミューゼ窓口とインターネットチケット予約システムでの取り扱いです。

公演日当日25歳以下であることの証明を、入場時にご提示いただきます。

【プレイガイド】

サントミューゼ(窓口、web

チケットぴあ(Tel:0570-02-9999 Pコード:未定

主催

上田市(上田市交流文化芸術センター)

上田市教育委員会

助成

新型コロナウイルス感染症対策について

・ご来場いただく前に「主催公演における新型コロナウイルス感染予防のお願い 」についてお読みください。

チケット予約はこちらから

一覧へ戻る 一覧へ戻る