• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • about us

公演・イベント情報

ハイバイ「投げられやすい石」

発売前小ホール演劇

 

才能を持つ者、持たざる者の間を愛と打算がビュンビュン飛び交う、青春ラヴストーリー。

ハイバイ初期の若さと命をえぐりまくり傑作!

 

================== Story ==================

 

美大生時代に「天才じゃ天才じゃ」と言われた「佐藤」と、その友人のいたって凡人な「山田」。

ある日、佐藤が忽然と姿を消す。

「海外に修行に行った」「あまりの芸術性の高さに発狂した」などの憶測が飛び交い、時だけが過ぎた。

そして2年後のある日、突如山田は佐藤に呼び出される。

 

「会って、話したいことがある」

 

受話器越しのかすれた声に、不安にかられる山田。
約束の場所に着くとそこには変わり果てた佐藤の姿。
逃げ出したくなる山田を、佐藤の暗い瞳が捉えた ――――――――。

 

=========================================

 

※今年度の当館レジデントアーティスト/岩井秀人さん主宰「ハイバイ」による作品が上田市にて初公演!※

 

≪プロフィール/ハイバイ≫
2003年に主宰の岩井秀人を中心に結成。
そもそも気まずいシチュエーションに、なんとも要領の悪い人や空回りするくらいの自意識を振りまく人、
どこか世の流れに上手く乗っていけない感じの人たちが現れて、あたふたしているうちに目も当てられない
状況になっていくのを笑っていると、まんまと人生の深淵を覗かされてしまうのがハイバイ。
相次いで向田邦子賞と 岸田國士戯曲賞を受けた岩井が描く、ありえそうだがありえないそんな世界を
永井若葉・平原テツ・上田 遥・川面千晶といった外部公演でも評価の高いクセ者たちのおかげで
「ありそうだぞ、いやこれが世界そのものだ !! 」って思わせちゃうのがハイバイ。
2015年国内では 10都市「ヒッキー・カンクーントルネード」ツアーを敢行した。
2016年2月に発表した「夫婦」は話題を呼び、第20回鶴屋南北戯曲賞にノミネートされた。

日時

2020年11月28日(土)14:00開演(13:30開場)

2020年11月29日(日)14:00開演(13:30開場)

会場

サントミューゼ 小ホール

チケット

■発売日

10月下旬予定。詳細が決定次第更新いたします。

 

■料金

未定につき、詳細が決定次第更新いたします。

プレイガイド

・サントミューゼ窓口(休館日を除く9:00~19:00)

・サントミューゼ インターネットチケットシステム(要会員登録、無料)

キャスト

井上 向日葵(いのうえ ひまわり)

岩男 海史(いわお かいし)

町田 悠宇(まちだ ゆう)

山脇 辰哉(やまわき たつや)

スタッフ

■作・演出

岩井 秀人

■舞台監督

谷澤拓巳、渡邉亜沙子

■音響

中村嘉宏

■照明

中西美樹

■衣裳

薫田エリ(MeeM design)

■宣伝写真

平岩享

■宣伝美術

土谷朋子(citron works)

■WEBデザイン

斎藤拓

■演出助手

岡本昌也

■制作

後藤かおり、新開麻子(WARE)、藤野沙耶(WARE)

協力

アルファエージェンシー、N・F・B、至福団、シバイエンジン

企画・製作

WARE、ハイバイ

主催

上田市(上田市交流文化芸術センター)/上田市教育委員会

助成

新型コロナウイルスの感染予防対策について

 

・新型コロナウイルスの感染症拡大防止対策として、本公演につきましては一定の間隔を空けてご鑑賞いただけるよう販売座席を設定しています。

・ご来場いただく前に「感染症対策とお願い(PDF:620KB)」についてもお読みください。

 

チケット予約はこちらから

一覧へ戻る 一覧へ戻る