• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • about us

公演・イベント情報

ハイバイ『投げられやすい石』

小ホール演劇

▲クリック/タップでチラシが表示されます

 

才能を持つ者、持たざる者の間を愛と打算がビュンビュン飛び交う、青春ラヴストーリー。

ハイバイ初期の若さと命をえぐりまくり傑作!

 

■ Story ■

 

美大生時代に「天才じゃ天才じゃ」と言われた「佐藤」と、その友人のいたって凡人な「山田」。

ある日、佐藤が忽然と姿を消す。

「海外に修行に行った」「あまりの芸術性の高さに発狂した」などの憶測が飛び交い、時だけが過ぎた。

そして2年後のある日、突如山田は佐藤に呼び出される。

 

「会って、話したいことがある」

 

受話器越しのかすれた声に、不安にかられる山田。
約束の場所に着くとそこには変わり果てた佐藤の姿。
逃げ出したくなる山田を、佐藤の暗い瞳が捉えた ――――――――。

 

※今年度の当館レジデントアーティスト/岩井秀人さん主宰「ハイバイ」による作品が上田市にて初公演!※

 

≪プロフィール/ハイバイ≫
2003年に主宰の岩井秀人を中心に結成。
そもそも気まずいシチュエーションに、なんとも要領の悪い人や空回りするくらいの自意識を振りまく人、
どこか世の流れに上手く乗っていけない感じの人たちが現れて、あたふたしているうちに目も当てられない
状況になっていくのを笑っていると、まんまと人生の深淵を覗かされてしまうのがハイバイ。
相次いで向田邦子賞と 岸田國士戯曲賞を受けた岩井が描く、ありえそうだがありえないそんな世界を
永井若葉・平原テツ・上田 遥・川面千晶といった外部公演でも評価の高いクセ者たちのおかげで
「ありそうだぞ、いやこれが世界そのものだ !! 」って思わせちゃうのがハイバイ。
2015年国内では 10都市「ヒッキー・カンクーントルネード」ツアーを敢行した。
2016年2月に発表した「夫婦」は話題を呼び、第20回鶴屋南北戯曲賞にノミネートされた。

日時

2020年11月28日(土)14:00開演(13:30開場)

2020年11月29日(日)14:00開演(13:30開場)

会場

サントミューゼ 小ホール

チケット

■発売日

10月18日(日)10:00~

 

■料金(全席自由・税込)

一般 3,000円(U-25 1,500円)

※就学前のお子様の入場はご遠慮ください。

※車イス席・介助犬などを伴ってのお席のお求めはサントミューゼ窓口までお問い合わせ下さい。

※U‐25チケットはサントミューゼ窓口とインターネットチケット予約システムのみでの取り扱いです。

公演日当日25歳以下であることの証明書を、入場時にご提示いただきます。

※発売初日は窓口の混雑が予想されるため、座席指定も可能なインターネットチケット予約システムのご利用をお勧めいたします。

(ご登録無料・ご予約後7日以内にサントミューゼ窓口もしくはセブン-イレブンで受け取り)

プレイガイド

・サントミューゼ窓口(休館日を除く9:00~19:00)

サントミューゼ インターネットチケットシステム(要会員登録、無料)

キャスト

井上 向日葵(いのうえ ひまわり)

岩男 海史(いわお かいし)

町田 悠宇(まちだ ゆう)

山脇 辰哉(やまわき たつや)

スタッフ

■作・演出

岩井 秀人

■舞台監督

谷澤拓巳、渡邉亜沙子

■音響

中村嘉宏

■照明

中西美樹

■衣裳

薫田エリ(MeeM design)

■宣伝写真

平岩享

■宣伝美術

土谷朋子(citron works)

■WEBデザイン

斎藤拓

■演出助手

岡本昌也

■制作

後藤かおり、新開麻子(WARE)、藤野沙耶(WARE)

協力

アルファエージェンシー、N・F・B、至福団、シバイエンジン

企画・製作

WARE、ハイバイ

主催

上田市(上田市交流文化芸術センター)/上田市教育委員会

助成

新型コロナウイルスの感染予防対策について

・ご来場いただく前に「主催公演における新型コロナウイルス感染予防のお願い」についてもお読みください。

 


一覧へ戻る 一覧へ戻る