• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • about us

公演・イベント情報

ワンコインマチネVol.22 Dual KOTO×KOTO(箏)

発売中小ホールコンサート

 

ソリストとしても定評のある二人による箏デュオ、KOTO×KOTO

伝統楽器の枠にとらわれない、幅広い活動を行う二人の演奏をお楽しみに。

 

プログラム

・Dual Koto×Koto/春の海ラプソディ
・アストル・ピアソラ(Dual Koto×Koto編)/リベルタンゴ
・沢井比河流/凛 ほか

日時

2018年12月13日(木) 11:30~12:15(開場11:00)

チケット発売

2018年10月10日(水)10:00~

料金

全席指定 500円

(未就学のお子様の入場はご遠慮ください)

※車イス席・介助犬などを伴ってのお席のお求めはサントミューゼ窓口までお問合せ下さい。

プレイガイド

サントミューゼ(窓口、Web予約)

※前売り券が完売の場合は当日券の販売はありません。

※未就学児の入場はご遠慮ください。

※休館日(毎週火曜日)はチケットの引取りはできません。

プロフィール

Dual KOTO×KOTO(デュアール・コトコト)
梶ヶ野亜生・山野安珠美による箏デュオ。ともに沢井忠夫・沢井一恵両氏に師事。それぞれにソリストとして定評があり、国内外問わず公演を行っている。並行して参加ユニット、アンサンブルでの公演、録音、舞台音楽制作、テレビ・ラジオ出演等、様々な音楽活動を展開。伝統楽器の枠を超えた‘箏’を魅せる。

 

梶ヶ野 亜生(かじがの あい)
1998年 NHK邦楽技能者育成会第43期修了
2000年 平成12年度文化庁芸術インターシップ研修員生
2002年 鹿児島市教育委員会・文化協会主催「第26回春の新人賞」、第4回鹿児島銀行財団賞 受賞
02年イタリア・マーラー音楽祭、05年ドイツ、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、鹿児島県文化振興財団主催韓国派遣、国際交流基金主催南アジアツアー4カ国派遣、07年、日欧舞台芸術交流会ルーマニア、インド公演、07年シンガポールでのアジア芸術見本市に招聘参加、10年アメリカNYへ国際交流基金による派遣等、海外公演も多数。「NHKふれあいホール」や「題名のない音楽会」、NHK-FM「邦楽のひととき」等のテレビ・ラジオ出演のほか、奄美唄者朝崎郁恵「阿母(あんま)」、吉俣良/NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」オリジナル・サウンドトラックなどレコーディング参加。ピアノ、フルート、ヴァイオリンなどの西洋楽器、サランギ、バーンスリといった民族楽器との演奏、ダンス、日本舞踊、舞台演劇、書、茶などとのコラボレーションや即興も積極的に展開している。桐の音学院主宰。鹿児島国際大学国際文化学部音楽学科非常勤講師。(一財)地域創造 公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト。

 

山野 安珠美 (やまの あずみ)
1994年 全国高校生邦楽コンクール第一位
1999年 NHK邦楽技能者育成会第44期修了
2002年 平成14年度文化庁新進芸術家国内研修員生
2003年 第9回長谷検校記念全国邦楽コンクール優秀賞受賞、山口県芸術文化振興奨励賞受賞
2016年 平成28年度エネルギア音楽賞等受賞
ロシア「エルミタージュ日露国際音楽祭」にてオーケストラと共演、好評を博し同年再度の招聘によりリサイタル開催。フランスの世界遺産モン・サン・ミッシェルでのAUN J クラシックオーケストラ公演の他、ドイツ「シュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭」、ルーマニア「SIBIU国際舞台芸術祭」等フランス、カナダ、ポーランド、ハンガリーでの各音楽祭にて公演、国際交流基金の派遣などにより欧州、アジア、中南米など、海外公演多数。様々な可能性を求めソロ活動以外にも、洋楽器や民族楽器等ジャンルの異なる演奏家との共演、『題名のない音楽会』『にほんごであそぼ』『邦楽のひととき』『まろのSP日記』等TV・ラジオへの出演、歌舞伎等舞台音楽・ゲーム音楽制作やCD録音参加など、邦楽の世界にとどまることなく幅広い演奏活動を展開。沢井箏曲院教師。AUN J クラシックオーケストラ、Dual KOTO×KOTO、箏カルテット螺鈿隊。(一財)地域創造公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト。

関連企画

上田地域定住自立圏連携事業

Dual KOTO×KOTO(箏)コンサートin立科町
日時:12月12日(水) 開演19:00(開場18:30) ※20:00終演予定
会場:立科町中央公民館 大会議室
詳細はコチラ

チケット予約はこちらから

一覧へ戻る 一覧へ戻る