• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • お問い合わせ

公演・イベント情報

鈴木ユキオ・コンテンポラリーダンス創造公演『20のカラダの証』

大スタジオコンテンポラリーダンス

鈴木ユキオ コンテンポラリーダンス創造公演

『20のカラダの証』

YouTubeチャンネルでプロモーション映像公開中↓

 

 

鈴木ユキオ コンテンポラリーダンス創造公演「20のカラダの証」チラシ (PDF:1.4MB)

鈴木ユキオさんのインタビューを公開中(YouTubeチャンネルへリンクします)

日時

2017年7月23日(日) 14:00 開演(13:30 開場)

会場

大スタジオ

チケット発売

2017年6月7日(水)10:00~

料金

当日券情報

2017年7月23日(日) 13:00~ 大スタジオ前で発売

 

全席自由 500円

中学生以下無料

※3歳未満のお子様の入場はご遠慮ください。

プレイガイド

サントミューゼ(Web予約、窓口)

プロフィール

鈴木ユキオ YUKIO SUZUKI

 

1997年アスベスト館にて舞踏を始め、’00年より自身の創作活動を開始。しなやかで繊細に、且つ空間からはみだすような強靭な身体・ダンスで、多くの観客を魅了する。現在は、「YUKIO SUZUKI projects」として幅広く活動展開し、「ダンストリエンナーレトーキョー」「シビウ国際演劇フェスティバル」等に参加。バレエダンサーや小学生、身体に障害のあるダンサーへの振付や「スピッツ」や「エゴラッピン」「plenty」等のMV・「ミナペルホネン」のカタログモデル出演、ダンサーとして、室伏鴻・中村恩恵・小野寺修二・白井剛などの作品に出演。また、舞踏のメソッドを基礎に身体を丁寧に意識するワークショップを各地で開催している。トヨタコレオグラフィーアワードでは、’05年にオーディエンス賞、’08年に次代を担う振付家賞(グランプリ)を受賞。’12年フランス・パリ市立劇場「Danse Elargie」では10組のファイナリストに選ばれた。

【鈴木ユキオ OFFICIAL HP】 http://www.suzu3.com

 

【受賞歴】
2003 STスポット「ラボアワード」受賞。セッションハウス「LBP」観客投票第一位獲得
2005 トヨタコレオグラフィーアワード2005『やグカやグカ呼嗚』にて「オーディエンス賞」受賞
2007 京都芸術センター舞台芸術賞ノミネート
2008 トヨタコレオグラフィーアワード2008『沈黙とはかりあえるほどに』にて「次代を担う振付家賞(グランプリ)」受賞
2011 「週刊オン★ステージ新聞」新人ベスト1振付家に選出
2012 パリ市立劇場「Danse Elargie 2012」にて10組のファイナリストに選出

 

【主な活動歴】
地域創造・現代ダンス活性化事業登録アーティストとして、国内各地域での活動を展開
パフォーマンス・キッズ・トーキョー(吉祥寺シアター/2011)(三鷹市公会堂/2016)
セゾン文化財団よりアーティストに対するサポート「フェロー(ジュニア・シニア)」助成(2008-2012年度)
お茶の水女子大学・舞踊教育学コース非常勤講師、日本工学院専門学校・ダンスパフォーマンス科講師、日本女子体育大学や早稲田大学での講師や振付委嘱作品の発表
【海外での主な活動】
香港アートフェスティバル-Asia Dance Platform(2009)
Time-Based Art(TBA) Festival(アメリカ・ポートランド/2010-2011)
シビウ国際演劇祭(ルーマニア/2011,2012)
パリ市立劇場 Danse Elargie(フランス/2012)
Odisha Biennale 2013(インド/2013)
Time to Dance (ラトビア・リガ/2014)
Singapore International Festival of Arts (SIFA)(シンガポール/2015)
TANEC PRAHA(チェコ・プラハ/2015)
Asian Coultual Council(ACC)のサポートにて半年間NYに滞在(2015-2016)

主催

上田市(上田市交流文化芸術センター)/ 上田市教育委員会

共催

(一財)地域創造

出演者募集
※募集は終了しました

内外で幅広く活躍するダンサー・鈴木ユキオさんと一緒に、舞台に立ってみませんか?

公演出演者ワークショップ

 

鈴木ユキオ コンテンポラリーダンス創造公演募集チラシ【PDF:1MB】

気軽にご参加いただけるダンスワークショップはコチラ→鈴木ユキオ コンテンポラリーダンスワークショップ

チケット予約はこちらから

一覧へ戻る 一覧へ戻る