• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • お問い合わせ

展覧会・イベント情報

石井鶴三 立体の美


展示室


 

 

「彫刻とは凸凹の妖怪(おばけ)である」―石井鶴三

 

46年もの間「上田彫塑講習会」の講師として指導・研究を重ね、信州の美術と教育に強い影響を及ぼした石井鶴三。その制作は多岐に渡り、彫刻・洋画・挿絵・版画など、これまでも高く評価されてきました。今回はその柱である彫刻にスポットを絞り、当館ならではの作品を中心に一挙に出展します。

「彫刻とは凸凹の妖怪(おばけ)である」と語る鶴三。すなわち「凸凹、高低、容量がつくる美の不思議。面と線、光と影の作る美しい姿。つまりは凸凹の美、形の美、立体の美。」

彫刻家・石井鶴三の作品からは形の表面をなぞるのではなく、立体内部にひそむ精神的なもの、内的生命の表現を試みようという姿勢を感じ取ることができます。

「立体の美」追求の末に彼がたどり着いた成果、その渾身の作品の魅力に迫ります。

 

展覧会名

石井鶴三 立体の美

会場

サントミューゼ 上田市立美術館 2階 企画展示室

期間

2018年1月4日(木)~2月12日(月)

休館日

火曜日

時間

9:00~17:00 (入場は16:30まで)

料金

一般       300 円 (250 円)

高校・大学生  200 円 (150 円)

小中学生    100 円 (80 円)

・ ( )内は20名以上の団体料金。

・ 障がい者及びその介助者は無料。

関連イベント

【ガイドツアー】
学芸員が本展覧会をご案内します。
日時/1月13日(土) 13:30~、2月2日(金) 18:30~
参加方法/展覧会観覧券をお求めください。

 

【トークイベント】
お話/橋詰昌義(石井鶴三美術館元館長)、間島博徳(彫刻家 日展会員)
演題/「石井鶴三の彫刻―近代彫刻史の流れと現代―」
日時/1月20日(土) 13:30~(2時間程度)
会場/美術館2Fホワイエ
定員/先着30名
参加方法/展覧会観覧券をお求めください。

 

【ナイトミュージアム】
日時/2月2日(金)
内容/美術館の開館時間を20:00まで延長します。(最終入館は19:30)

関連ページ

上田市立美術館コレクションページ

お問い合わせ

上田市立美術館 0268-27-2300


美術館 TOPへコレクション展示へ