• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • about us
  • HOME
  • 新着情報一覧
  • 7/3(金)19:30~ 第1回 Santomyuze Friday Night Concerts in Blueの出演者及び配信形態決定のお知らせ

新着情報一覧

7/3(金)19:30~ 第1回 Santomyuze Friday Night Concerts in Blueの出演者及び配信形態決定のお知らせ

2020年06月29日

サントミューゼ全館再開をお知らせするとともに、今も医療や介護の現場などでコロナウイルスの感染リスクに向き合う皆様に感謝の気持ちを表すため、7月の毎週金曜日に開催が決定した映像配信型ミニコンサート「Santomyuze Friday Night Concerts in Blue」

 

7/3(金)にご出演いただくアーティスト及び配信形態が決定いたしましたので、以下にご紹介いたします。

 

◆第1回 出演アーティスト◆

 

Violin(ヴァイオリン):

中澤 きみ子(なかざわ きみこ)

国際的に活躍するヴァイオリニストとして、特にモーツァルトの演奏では評価が高い。また、聴衆の心に深く響く演奏は、多くのファンの支持を得ている。
上田市に生まれ、新潟大学を卒業後、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院にて研鑽を積み、2000年に文化庁芸術家海外派遣員としてウィーンに留学。その後国内外のオーケストラと多数共演。リサイタルも浜離宮朝日ホール、読売ホール、Hakujuホール等で毎年開催している。CDも数多くリリース。特にモーツァルトの「ソナタ全集」(ピアノ:イェルク・デムス)及び協奏曲全集(フィリップ・アントルモン指揮・ウィーン室内管弦楽団)等が高い評価を受けている。
また、国際コンクールの審査員や、国際音楽祭の講師として数多く招聘されている。尚美学園大学、同大学院客員教授、上野学園大学客員教授を歴任。震災後、ライフワークとしてTSUNAMIヴァイオリンの演奏にも熱心に取り組む。

特に今年は音楽活動50年の節目として10月に紀尾井ホールでリサイタルを予定している。

使用楽器:ストラディヴァリウス「ダ・ヴィンチ」(宗次コレクションより貸与)

オフィシャルサイト:http://kimiko-vn.net/

 


Piano(ピアノ):

村上藍(むらかみあい)

上田市出身。国立音楽大学演奏学科鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業。アンサンブル・ピアノコース修了。同大学院音楽研究科修士課程器楽専攻(伴奏)修了。コース修了演奏会、長野県新人演奏会に出演。大学院新人演奏会に選抜。若い人のための「サイトウ・キネン室内楽勉強会」、Hakuju Hall主催「白井光子&ハルトムート・ヘル マスタークラス」を受講。第12回日本アンサンブルコンクール「リート・デュオ部門」優秀演奏者賞及び全音楽譜出版社賞受賞。
これまでに岡部由美子、原まりこ、梅本実、安井耕一の各氏に師事。
現在、室内楽を中心に演奏活動を行っている。お茶の水女子大学アカデミック・アシスタント、国立音楽大学伴奏助手。

 

 

 

◆配信形態◆

7/3(金)19:30~

地上デジタル121チャンネル(UCV)にて生放送

上田ケーブルビジョン公式ホームページ上の特設ページにて生放送

※Youtube埋め込み型の配信になります。

 

※7/10(金)、7/17(金)、7/24(金)、7/31(金)19:30~

上田ケーブルビジョン公式ホームページ上の特設ページにて生放送を予定

※Youtube埋め込み型の配信になります。

 

一覧へ戻る