• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 活動レポート
  • ご案内
  • サントミューゼの活動について

公演・イベント情報

提携公演:パルコ・プロデュース2022 【てなもんや三文オペラ】(音楽劇)

発売前大ホール演劇

名作音楽劇を、鄭義信の大胆な翻案・新演出×生田斗真主演で上演決定!
鄭義信が独自の世界観で、ブレヒトの名作音楽劇に斬り込む!

 

生田斗真、全編・関西弁での音楽劇に初挑戦!

 

 

戦後の混沌とした大阪。たくましく生きるアパッチ集落を舞台に、
一筋縄ではいかない個性派俳優たちが勢揃い、盛大な宴が始まる!

 

【STORY】
1956年(昭和31年)、秋、早朝。猫間川沿いの川岸には、トタン屋根のバラックが肩寄せあっている。
その目と鼻の先、川向うに、「大阪砲兵工廠」跡地が見える。かつて、そこはアジア最大の軍事工場だったが、アメリカ軍の空爆で、廃墟と化した。数年前に勃発した朝鮮戦争の「朝鮮特需」で、鉄の値段がはねあがると、「大阪砲兵工廠」跡地に眠る莫大な屑鉄をねらって、有象無象の人々がつぎつぎと集まってきた。彼らは、いくら危険だろうが、いくら立ち入り禁止の国家財産だろうが、おかまいなし。目の前のお宝を、指をくわえて見ている阿呆はいない。夜な夜な、猫間川を越え、環状線の鉄橋を越え、時に、弁天橋の警備員詰所を正面突破して、屑鉄を掘り起こした。そんな彼らを、世間の人たちは「アパッチ族」と呼び、彼らの住む場所を「アパッチ部落」と呼んだ―――
「アパッチ族」の親分・マック(生田斗真)は、屑鉄のみならず、さまざまなものを盗んで盗賊団を組織していた。恋人のポール(ウエンツ瑛士)との結婚式を挙げるマックのことを、うとましく思う「乞食の友商事」の社長ピーチャム(渡辺いっけい)と妻のシーリア(根岸季衣)は、警察署長タイガー・ブラウン(福田転球)を脅し、なんとかマックを逮捕させようとするが・・・・・・。マックの昔なじみの娼婦ジェニー(福井晶一)と、ブラウンの娘ルーシー(平田敦子)をも巻き込み、事態は思わぬ方向へとすすむ・・・・・・。

日時

2022年8月6日(土)

①12:00~

②17:00~

2022年8月7日(日)

①12:00~

会場

サントミューゼ 大ホール

作・演出

鄭義信

原作

ベルトルト・ブレヒト

音楽

クルト・ヴァイル

音楽監督

久米大作

出演

生田斗真 ウエンツ瑛士 福田転球 福井晶一 平田敦子    
荒谷清水 上瀧昇一郎 駒木根隆介
妹尾正文 五味良介 岸本啓孝 羽鳥翔太 大澤信児   中西良介 近藤貴郁 神野幹暁

根岸季衣 渡辺いっけい

演奏=朴勝哲

スタッフ

美術:池田ともゆき 照明:増田隆芳 音響:井上正弘

衣裳:半田悦子 ヘアメイク:宮内宏明
振付:広崎うらん 歌唱指導:西野誠

稽古ピアノ:國井雅美 擬闘:栗原直樹

方言指導:山本篤
演出進行:松倉良子 舞台監督:藤本典江
宣伝美術:榎本太郎 宣伝写真:森崎恵美子

宣伝衣裳:森保夫 宣伝ヘアメイク:大宝みゆき

チケットインフォメーション

【チケット発売日】

6月5日(日)10:00~

【料金】

S席:12,000円、A席:10,000円、B席:8,000円

※未就学児の入場はご遠慮ください。

※発売初日は窓口の混雑が予想されるため、座席指定も可能なインターネットチケット予約システムのご利用をお勧めいたします。

(ご登録無料・ご予約後7日以内にサントミューゼ窓口もしくはセブンイレブンで引換え)

 

【プレイガイド】

サントミューゼ(インターネットチケット予約システム、窓口)

主催

NBS長野放送/サンライズプロモーション北陸

提携

上田市交流文化芸術センター

お問合せ

サンライズプロモーション北陸 025-246-3939

チケット予約はこちらから

一覧へ戻る 一覧へ戻る