• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • about us

展覧会・イベント情報

没後100年 村山槐多展 -伝説の「火だるま槐多」、驚きの新発見作品を一挙公開-


展示室


村山槐多《バラと少女》1917年 東京国立近代美術館蔵

 

 

1919年2月、22歳の若さで亡くなった夭折の画家・村山槐多。

 

早熟の天才と賞賛された村山槐多は、当館所蔵の画家 山本鼎の14歳年下の従弟です。

 

今回、槐多の没後100年を機に多数の作品が新たに発見されました。油彩画では最初期の作品《雲湧く山》や、院展初受賞作の《カンナと少女》と同時期に描かれた《カンナ》などをご紹介。

 

また、京都府立一中時代を中心とする最初期のドローイングをはじめ100点以上の水彩、デッサンなどを一挙に初公開します。絵画と文芸に鋭い感性を発揮し、大正期の「デカダンス」と「浪漫」を体現した村山槐多の新たな素顔に迫ります。

 

展覧会名

没後100年村山槐多展

―伝説の「火だるま槐多」、驚きの新発見作品を一挙公開-

会場

サントミューゼ上田市立美術館 2階 展示室

期間

2019年7月27日(土)~9月1日(日)

 

■前期 7月27日(土)~8月12日(月)

■後期 8月14日(水)~9月1日(日)

※前期、後期展示で大幅に作品が入れ替わります。

休館日

火曜日(祝日の場合は翌日)

開館時間

9:00~17:00(最終入場は16:30まで)

料金

<当日券>

一般        500円(400円)

高校・大学生    400円(300円)

小・中学生     300円(200円)

 

・( )内は20名以上の団体、障害者手帳携帯者とその介助者1名

・1回目の観覧券の半券持参で、2回目以降は団体料金適用

 

主催

上田市(上田市立美術館)/上田市教育委員

お問い合せ

上田市立美術館 0268-27-2300


美術館 TOPへ過去の展覧会へ