• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • お問い合わせ

展覧会・イベント情報

上田市立美術館コレクション展Ⅳ(平成28年度)


展示室


Ⅳcatch

岡本太郎《黒い太陽》 1980 年

 

岡本太郎、池田満寿夫、東山魁夷、カシニョール、カトランなどが挑んだ巨大リトグラフ「大版画」。

水と油が反発する原理を利用したリトグラフは、版画の中でも工程が複雑な上、巨大な作品を制作できるアトリエは世界にも少なく、世界最大級の版画を制作する技術を確立した長野県坂城町の「森工房」には、国内海外から著名な作家たちが制作に訪れました。

今回のコレクション展では、森工房で制作され当館が収蔵する大版画を展示します。

 

 

展覧会名

上田市立美術館コレクション展Ⅳ

~大版画に挑んだ作家たち~

会場

サントミューゼ 上田市立美術館 2階 常設展示室

期間

2017年2月23日(木)~4月16日(日)

休館日

火曜日

時間

9:00~17:00 (入場は16:30まで)

料金

一般       300 円 (250 円)

高校・大学生  200 円 (150 円)

小中学生    100 円 (80 円)

 

・ ( )内は20名以上の団体料金。

・ 障がい者及びその介助者は無料。

※同時開催の「白井ゆみ枝 上田全天気候展」の観覧券でもご覧いただけます。

関連イベント

◆「森工房」×「大版画」

「森工房」で制作された作品や作家にまつわるエピソードについて関係者に語っていただくトークイベントです。

・2月25日(土) 「森工房」を主宰した故・森仁志氏の妻・林栄子さん

・3月20日(月・祝) 「森工房」で修業し、現在「梅田版画工房」を主宰している梅田明雄さん

美術館2階展示室にて 各13:30 ~(約45分) ※事前予約不要(要観覧料)

 

◆ナイトミュージアム

3月10日(金)、4月14日(金)は21:00まで開館延長(最終入館20:00)

※事前予約不要(要観覧料)

※「白井ゆみ枝 上田全天氣候展」の当日観覧券でも入場可

関連展示

山本鼎の「版画・版木・下絵」

版画が芸術作品として仕上がるまでには、その元になる下絵や版木が存在します。日本近代版画の創始者として知られる山本鼎。彼がどのような光景を描きとめ、どこに注目して版画という作品に仕上げていったのか。作品に至るまでの試行錯誤の様子を、版画の下絵・版木・作品の3つを見比べることで迫ります。

 

支那の女

山本鼎《支那の女》1912 年

支那婦人

山本鼎《支那婦人》個人蔵1917 年

 

 

イベント

◆美術館散歩 ギャラリートーク

学芸員が山本鼎の作品制作時の工夫について解説します。

2月25日(土)、3 月20日(月・祝)

15:30~(各30分程度)

 

◆ナイトミュージアム

3月10日(金)、4月14日(金)は21:00まで開館延長(最終入館20:00)

※事前予約不要(要観覧料)

※「白井ゆみ枝 上田全天氣候展」の当日観覧券でも入場可

チラシ

上田市立美術館コレクション展Ⅳ 両面 (PDF 1MB)

関連ページ

上田市立美術館コレクションページ

お問い合わせ

上田市立美術館 0268-27-2300


一覧へ戻る 一覧へ戻る