• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • about us

展覧会・イベント情報

農民美術・児童自由画100年展


展示室


《こっぱ人形》大正時代~昭和初期

1919年、版画家・洋画家として知られる山本鼎が始めた「農民美術運動」と「児童自由画教育運動」。

農家の手工芸品である「農民美術」は大正から昭和初期にかけて全国に生産が広がり、現在まで伝統的工芸品として命脈を保っています。

 

一方、大正期のお手本を模写する学校教育を打破し、子どもたちの創造性に着目した「自由画」の理念も、今日の図工美術教育の基礎となりました。

100年を迎えた両運動とそれを支えた人々の姿を当時から現代に至るまでの資料を通してたどります。

 

展覧会名

農民美術・児童自由画100年展

会場

サントミューゼ 上田市立美術館 2階 企画展示室

期間

2019年11月30日(土)~2020年2月24日(月)

休館日

火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(2019年12月29日~2020年1月3日)

時間

9:00~17:00(最終入場は16:30まで)

料金

<当日券>

一般        700円(600円)

高校・大学生    500円(400円)

小・中学生     300円(200円)

 

※( )内は20名以上の団体、障害者手帳携帯者とその介助者1名

お問い合わせ

上田市立美術館 0268-27-2300


美術館 TOPへ過去の展覧会へ