• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 活動レポート
  • ご案内
  • サントミューゼの活動について

公演・イベント情報

群馬交響楽団 上田定期演奏会 -2023 秋-

発売前大ホール

世界的なクラリネット奏者であり、近年では世界各地のオーケストラの指揮者としても活躍する群響初登場のポール・メイエ。メンデルスゾーンでの群響首席クラリネット奏者・西川智也との2本のクラリネットのための協奏曲は最も注目。「展覧会の絵」に加え、ジャレル:ドビュッシーによる3つのエチュードで魅せる、メイエのタクトのもとオーケストラの色彩感をお楽しみください。

 

 

 

 

©Shin_Yamagishi

 

指揮・クラリネット:ポール・メイエ* 、Paul Meyer、Conductor・Clarinet

 

―Profile-

名実共に世界のトップに立つクラリネット奏者。1965年アルザス生まれ。13歳でソリストとしてデビュー。パリ高等音楽院とバーゼル音楽院で学ぶ。フランス国内外のコンクールで優勝後、84年NYデビュー。ベニー・グッドマンに出会い親交を結ぶ。以来世界有数のソロ・クラリネット奏者として活躍。
協奏曲のレパートリーは約100曲もの数にのぼり、完璧な技術とずば抜けた音楽性、品のある豊かな音色を併せ持つ天才クラリネット奏者として、ベリオ、ペンデレツキを始めとする数多くの作曲家達から曲を捧げられ、初演も多い。
室内楽でも活発な活動を行っており、クレーメル、ヨーヨー・マ、デセイ、ピリス、ロストロポーヴィチ、スターン、バシュメット、パユ等世界一流のソリスト達、及び、エマーソン、ハーゲン、東京クヮルテット等の弦楽四重奏団とも共演。パユやオーボエのフランソワ・ルルー等、現代最高のフランスの木管奏者達とアンサンブル、「レ・ヴァン・フランセ」を結成し、絶賛されている。
デンオン、CBS、エラート、BMGファンハウス他多数のレーベルでCDが発売され、その中にはギドン・クレーメルとのピアソラ(ECM/ノンサッチ)、プーランクの室内楽(BMG)、チョン・ミョンフン、ギル・シャハム、ジャン・ワンとのメシアンの「世の終わりのための四重奏曲」(ドイツ・グラモフォン)、ピアノのエリック・ル・サージュと録音したライネッケ、メンデルスゾーン、ヴェーバー(デンオン)及びブラームスのクラリネット・ソナタ(BMG)等がある。
著名なクラリネット奏者として活躍する一方、指揮者としてのキャリアも急速に築きつつある。これまでに、フランス国立放送フィルを始めとするヨーロッパ各地の主要オーケストラ、台北交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等を指揮。ルイサダのモーツァルト及びハイドンの2枚のCDのほか、ミヨーの協奏曲集のCDでも指揮者を務めている。ソウル・フィルハーモニー交響楽団の准首席指揮者を経て、2010年〜2012年12月東京佼成ウインドオーケストラの首席指揮者を務めた。〔使用楽器:ビュッフェ・クランポン Divine & Tradition 〕

オフィシャル・ホームページ:http://www.paulmeyer.fr/

 

 

西川智也 (クラリネット)(群響首席クラリネット奏者)、Tomoya Nishikawa, Clarinet

 

―Profile-

大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース卒業。東京藝術大学大学院修士課程修了。NHK交響楽団「N響アカデミー」を修了。和田尚裕、青山秀直、山本正治の各氏に師事したほか、オーケストラ演奏をNHK交響楽団のメンバーに学ぶ。第9回東京音楽コンクール木管部門第1位、第24回日本木管コンクールクラリネット部門第1位、第23回宝塚ベガ音楽コンクール木管部門第2位および会場審査員特別賞受賞。ソリストとして、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、群馬交響楽団等と共演。NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。オーケストラおよび室内楽奏者として小澤征爾音楽塾、木曽音楽祭、東京・春・音楽祭、ラヴェンナ音楽祭、草津夏期国際音楽フェスティバルなどに出演。これまでにW.ヒンク、T.インデアミューレ、C.プレガルディエン、G.プーレ、澤クヮルテット、ヤン・ソンウォンらと室内楽で共演した。現在、群馬交響楽団首席クラリネット奏者としてオーケストラ奏者としての活動を中心としながら、室内楽やソロでの演奏も精力的に行なっている。

 

 

 

 

群馬交響楽団  Gunma Symphony Orchestra 

 

―Profile-

1945年戦後の荒廃の中で文化を通した復興を目指して創立 、1955年「群響」をモデルに制作された映画「ここに泉あり」が公開され、全国的に注目を集めた。1947年から始めた移動音楽教室は、2021年度までに延べ643万人を超える児童・生徒が鑑賞した。1994年に「プラハの春国際音楽祭」、「ウィーン芸術週間」から同時に招待を受け4カ国を巡る海外公演を実現、2014年には定期演奏会が500回に達した。

群馬交響楽団は、定期演奏会、移動音楽教室をはじめ幅広い音楽活動を展開し、群馬県の文化の象徴として県民から幅広く支持されており、2020年に創立75周年を迎えた。

また、2019年9月に開館した「高崎芸術劇場」に活動拠点を移し、2023年4月に就任する飯森範親常任指揮者のもと、さらなる演奏活動の飛躍・向上を目指している。

 

プログラム

モーツァルト/交響曲 第38番 ニ長調 K.504 「プラハ」

Wolfgang Amadeus Mozart/Symphony No. 38 in D Major, K. 504, “Prague”

ミカエル・ジャレル/ドビュッシーによる3つのエチュード

Michael Jarrell/3 Etudes de Debussy

メンデルスゾーン/コンチェルト・シュトゥック 第1番 *、第2番 *

Felix Mendelssohn/Koncertstück No. 1, No. 2

ムソルグスキー=ラヴェル/組曲《展覧会の絵》

Modest Petrovich Mussorgsky/Pictures at an Exhibition (arr. M. Ravel for orchestra)

日時

2023年11月26日(日)

15:00開演(14:15開場)

 

会場

大ホール

チケット
インフォメーション

【発売日】

2023年8月26日(土)10:00~

 

【料金】

全席指定

S席4,500円 A席3,500円(U-25 S席2,000円 A席1,500円)

(就学前のお子様の入場はご遠慮ください)

※車イス席のお求めはサントミューゼ窓口までお問い合わせ下さい。

※U‐25チケットはサントミューゼ窓口とインターネットチケット予約システムでの取り扱いです。

公演日当日25歳以下であることの証明を、入場時にご提示いただきます。

 

【プレイガイド】

サントミューゼ(窓口、Web

チケットぴあ(Webのみ

主催

上田市(上田市交流文化芸術センター)

上田市教育委員会

その他

客席からの見え方につきましては、下記をご参照ください。

大ホール1階

大ホール2,3階

※舞台演出や公演内容、前列に着席されるお客様の状況により見え方は異なりますのでご了承ください。

■新型コロナウイルス感染状況により、チケットをご購入後に公演の中止・延期・内容等の変更が生じる可能性がございます。ご購入後は開催直前まで、定期的に当ホームページのご確認をお願いします。

なお、その場合も交通費や宿泊費等の補償はできかねますのでご了承ください。

■発熱や咳・咽頭痛などの症状がある方はご来場をお控えください。

チケット予約はこちらから

一覧へ戻る 一覧へ戻る