• 劇場・ホール
  • 美術館
  • 体験事業
  • 施設利用のご案内
  • about us

展覧会・イベント情報

上田市立美術館コレクション展 ハリー・K・シゲタ Photography ―光で描く世界―


開催中展示室


〈Photograph〉―写真を意味するこの言葉は、今から約180年前、ウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットによって写真技術が発明されたときに、天文学者ジョン・ハーシェルが❝photo(光)❞と❝graph(描く)❞という2つの言葉を組み合わせて創案したといわれています。

 

この〈Photograph〉の誕生から約50年後、ハリー・K・シゲタ(1887~1963)が上田に生まれました。彼は15歳で単身渡米し商業写真家となり、1930年、シカゴに「シゲタ・ライトスタジオ」を設立。彼の手掛けた写真は他の商業写真にはない芸術的表現をもち、アメリカの企業を、そして消費者を魅了したといいます。

 

シゲタの芸術表現とはどのようなものだったのか。彼の作品群を紐解くと、「写真を絵画のように自由自在に表現したい」という考えのもと、“光”を巧みに操り、考え抜かれた構図と卓越した写真修整技術を用いて、まるで絵画を描くかのように写真を作り上げる姿が浮かび上がりました。

 

本展では、約40点の作品からシゲタの写真術と芸術表現を探るとともに、国際的商業写真家として活躍した彼の足跡を辿ります。現実と幻想の狭間を見るかのような光で描かれた写真、ハリー・K・シゲタの世界をお楽しみください。

 

 

展覧会に合わせて、担当学芸員のコラム連載を公開中!コチラ

 

 

展覧会名

上田市立美術館コレクション展

ハリー・K・シゲタ Photography ―光で描く世界―

会場

サントミューゼ 上田市立美術館 2階 展示室

期間

2019年4月20日(土)~6月2日(日)

休館日

火曜日(祝日の場合は翌日)及び 5月8日(水)

時間

9:00~17:00(最終入場16:30)

料金

一般       300 円 (250 円)

大学・高校生  200 円 (150 円)

小・中学生    100 円 (80 円)

・ ( )内は20名以上の団体

・ 障害者手帳携帯者とその介助者1名は無料

関連イベント

■ 光でデザイン!サイアノタイプを体験しよう

ジョン・ハーシェルが発明した、太陽の光に反応して影が浮かび上がる不思議な青い写真「サイアノタイプ(日光写真)」を体験しよう!

日時/4月28日(日) 10:00~15:00
対象/小学校4年生以上(親子、大人の方のみの参加も可)
料金/800円(コレクション展の観覧料を含む)
定員/15名
会場/子どもアトリエ
申込方法/美術館お問い合わせフォームから内容欄に

「サイアノタイプ参加希望」

②参加人数

③参加者氏名

④年齢

⑤連絡先

を明記の上 送信いただくか、専用の申込用紙(PDF 71KB)に必要事項を記入いただきFAXください。

申込み期間/4月15日(月)~24日(水)

※抽選結果は4月25日(木)以降に、順次お知らせいたします。

【受付終了しました】

 

■ ギャラリートーク

学芸員が作品解説やシゲタの人柄などをお話します。

日時/5月12日(日)、5月25日(土) 各日13:30~

 

■ ナイトミュージアム

5月18日(土)は開館時間を19:00まで延長します。(最終入館は18:30)

チラシ

上田市立美術館コレクション展 ハリー・K・シゲタ Photography ―光で描く世界― 両面(PDF 2MB)

関連ページ

上田市立美術館コレクションページ

関連企画

ハリー・K・シゲタの世界を

国内外で活躍する振付家・ダンサー、鈴木ユキオさんが

新作公演『Roomer』で表現しました。

◆プロモーション動画を公開中!動画はコチラ

◆鈴木ユキオコンテンポラリーダンス公演『Roomer』オープンスタジオレポートはコチラ

◆鈴木ユキオコンテンポラリーダンス公演『Roomer』レポートはコチラ

 

・・・・・・

担当学芸員のコラム連載を公開中

シゲタにまつわるお話をご紹介します。コラムはコチラ

 

その他、過去の関連企画もぜひご覧ください!

◆機関誌『SANPOMYUZE vol.2』美術館探訪はコチラ

◆ウェブ版「美術館探訪」コチラ

◆「シゲタ君の4コマミュージアム」はコチラ

主催

上田市(上田市立美術館)/上田市教育委員会

同時開催

見て、感じて、遊ぼう!はんが遊園地

 -府中市美術館のゆかいな創作版画コレクションより-

お問い合わせ

上田市立美術館 0268-27-2300


美術館 TOPへコレクション展示へ